二階堂高嗣★私生活での隠し撮り対策★危ない&ファン心配の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二階堂高嗣★私生活での隠し撮り対策★危ない&ファン心配の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「9月4日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・二階堂高嗣」と「千賀健永」が登場しました。「一般人が無断で撮影してたとき」にどう対応するかについて語られました。




「ニカちゃんは行きつけのお店がたくさんあるイメージですが、どうしたらそんなにたくさんの行きつけの店ができますか?お店の見つけ方やお店の人と仲良くなる方法など教えてください」という「メッセージ」が寄せられ、「二階堂高嗣」がこれに回答しました。

友人から紹介されることもあれば、自分で調べて店に行くこともあるそうですが、「本当に良かったと思ったら、お店の人と仲良くなる」とのことで、店員と「“顔なじみ”」になっている店もあるそうです。「カウンターがあるお店だったら、俺絶対カウンターに座る。店員さんと近いから」といい、「リスナー」には「やっぱり「店員との」コミュニケーションだね」と、「“行きつけ”」を見つけるための「アドバイス」を送っていました。




これに「1人で行ったりしてバレたことない?」「気まずくない?」と心配する「千賀健永」でしたが、「二階堂高嗣」は「この仕事してるから、コミュニケーションとりやすいじゃん。「この間、テレビ見ましたよ」とか言ってくれるし」と、一般人との会話にあまり抵抗がない様子です。「話しかけるとかじゃなくて、食べてるところをムービーで撮られてたらどうする?」という「千賀健永」には、「それ、俺やられたことあるよ」とあっさり告白します。その時、「二階堂高嗣」は「“隠し撮り”」されていたようですが、気が付いて相手に堂々と「カメラ」を向け「撮り返した」そうです。「なんですか?」と「逆ギレ」されたというのですが、「二階堂高嗣」が「撮ってたんで。僕も撮りました」と返すと、相手はその場で謝罪したそうです。無断で写真や動画を撮影された場合、「二階堂高嗣」は「あんまり気にしない」と言いつつも、「撮り返す!やられたことはやり返さないとさ。やられっぱなしじゃ嫌だから」と、強気の姿勢を見せていました。

今回の放送後、「二階堂高嗣」の「“盗撮対策”」について、「ファン」から「やったらやり返しちゃう二階堂くんが好き」「スマートに盗撮を撃退するニカちゃんすごいな~」と称賛があったものの、「相手を撮り返すのは、時と場合によっては危ないから気をつけてね」と心配の声も書かれました。芸能人である以上、「100%盗撮」を防ぐことはできないかもしれませんが、せめて「“行きつけの店”」にいる間は、ゆっくりしてほしいと願うばかりですね。

撮り返す行為は悪いとは思いませんが、もし相手が「キレ」ることもあると思うので「ファン」としては止めておいてほしい心境になるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。