SixTONES★櫻井翔イジり★嫌な気分&もう関わらないで★嵐ファン怒り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「SixTONES★櫻井翔イジり★嫌な気分&もう関わらないで★嵐ファン怒り」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・櫻井翔」と「有吉弘行」が有名人の素顔や本音に迫る「バラエティ番組」「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」です。「9月5日」の放送回には、「2020年」に「CDデビュー」が決まっている「SixTONES」が「ゲスト」として登場しました。ですが、「櫻井翔」の「ファン」から「嫌な気分になった」「応援する気が失せる」など、怒りの声が噴出しています。

「SixTONES」は「京本大我、ジェシー、松村北斗、田中樹、高地優吾、森本慎太郎」の「6人」からなる「グループ」です。今回は「ジャニーズBefore After黄金期 平成ジャニーズVS新世代令和ジャニーズ」と題した企画が行われ、「ジャニーズアイドル」が活躍する場や、「先輩・後輩」の関係性が変わりつつあると紹介されました。




「京本大我」が「ジャニーズ事務所」に入所して初めて出演したのは、「ジャニー喜多川社長」に誘われて見学に行った「KAT-TUN」の「コンサート」だったそうです。急きょ「青春アミーゴ」「修二と彰、2005年」の振り付けを覚え、「亀梨和也」の隣で堂々と踊ったという「京本大我」の話に、「櫻井翔」は「俺、この前「青春アミーゴ」覚えたけど、本番でちゃんと間違えたよ!」と自虐で笑いを誘いました。ちなみに、「8月24〜25日」に放送された「24時間テレビ 愛は地球を救う」「日本テレビ系」内の「ジャニーさん追悼企画」で、同曲を披露した際の話だと思われます。

そんな「櫻井翔」が、「SixTONES」とあまり「接点がない」と明かしたあたりから、次第に「SixTONES」が「櫻井翔」を「“イジる”」ような展開になりました。「有吉弘行」が「嵐全員と接点ない?」と質問すると、「櫻井翔」以外の「嵐メンバー」と「SixTONES」は交流があるようで、「エピソード」が次々飛び出します。そのため、「有吉弘行」が「櫻井くんには何かしてもらったってことはないの?」と確認したのですが、誰も「櫻井翔」との「エピソード」を話さず無言になります。

そしてその後、「硝子の少年」「KinKi Kids、1997年」に乗せて、「京本大我」が特技の「先輩ジャニーズ歌モノマネ」を披露しました。「モノマネ」する人物を紹介したのは「田中樹」で、「堂本剛」「堂本光一」に続き「サクライさん」と名前を挙げたのですが、「京本大我」が「マネ」をしたのは、「Mr.Children」の「ボーカル・桜井和寿」でした。

「櫻井翔」は突然自分の名前が出てきて驚くも、まさかの「“サクライ違い”」に呆然とします。しかも、「モノマネ」を終えた「京本大我」は、「櫻井翔」に向かって「Mr.Childrenの桜井さん尊敬してるんで!」と発言し、これには「櫻井翔」も「そうだよね。普通サクライさんって言ったら、ミスチルだと僕も思うよ」返答します。「有吉弘行」からは「悲しい」との声が漏れていました。




この一連の流れについて、「SixTONESファン」は、あえて「櫻井翔」が「“イジられる側”」に回り、話を盛り上げてくれたと感じた人が多かったようです。「ネット」上には「櫻井くんとSixTONESの絡み最高だった!また「夜会」に出てほしいな!」「櫻井くんがSixTONESにめちゃめちゃ優しくて感動 良い先輩だと思います」「ストの良さが伝わる番組になって本当によかった。ありがとうございました!」と感謝の声が寄せられています。

一方、「櫻井翔」の「ファン」からは「「夜会」が翔くんイジりしてて、久しぶりに嫌な気分。あの後輩グループ、応援する気失せたわ」「SixTONESは先輩へのリスペクトがなく、失礼な態度を取るグループなんですね」「彼らはデビュー後もこういう方向性でいくのかな。不快なのでもう嵐とは関わらないでほしい」など、怒りの声が続出しました。

今回の放送で、「櫻井翔」の「ファン」から悪印象を持たれてしまった様子の「SixTONES」です。今後の活動で、その「イメージ」を払拭できるでしょうか。

後輩の「イジリ」に乗っかり「SixTONESメンバー&ファン」に安心感を与えてくれる「櫻井翔」の器の大きさが感じられますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。