中島健人★官能小説★裸でベッドの上で足広げて読む★マリウスドン引き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「中島健人★官能小説★裸でベッドの上で足広げて読む★マリウスドン引き」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zoneメンバー」が交代で「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」です、「9月2~5日」の放送には、「中島健人」と「マリウス葉」が登場しました。その中で、「セクシー」すぎる「プライベート」を過ごす「中島健人」に対し、「マリウス葉」が戸惑いを見せる場面がありました。

「5日」の番組冒頭、「1日に何時間スマホを見るか?」という話になり、「6時間半見てる」と明かした「マリウス葉」です。これに「中島健人」が「「1日の」4分の1見てるんですね」と反応すると、自身は「8時間」見ていると告白します。何でも、「2人」は「iPhone」の「“スクリーンタイム”」という機能を使い、「アプリ」や「サイト」をどの程度利用したのか確認しているそうです。




「2人」ともかなり長時間「スマホ」を見ているようですが、「中島健人」は「目的があって見るのはいい。映画とかドラマとか見たっていいよ」と語りつつ、「それ以外の目的でスクリーンタイムを増やしちゃいけない」と思い、最近は「スマホ」に触る時間を減らすよう努力しているそうです。その代わり、「“ノベルタイム”」という時間を作り、本を読む時間を増やしていると明かしました。

そんな「中島健人」は「小説って「“ツンデレ”」で。最初の1、2ページってなかなかめくらせてくれないわけよ」と、導入部分で引っかかってしまうことがあるそうです。ですが、「それを我慢して読み続けて、めくりにめくっていくとデレてくるんだよね」と「“中島節”」全開の言い回しで、読書を楽しんでいると説明しました。

読書と同時に「ストレッチ」も行っているようで、壁に腰をつけて両脚を開脚した状態で、本を読んでいるとも告白しました。しかも、「たまに全裸」の時があるらしく、これには「やめてよ、もう!」と引き気味の「マリウス葉」です。ですが、「中島健人」の暴走は止まらず、「裸でベットの上で足広げて、小説読んでて」「誰かが「部屋に」入ってきたらヤバイ格好してるんだよ。で、しかもそこで読んでるのが官能小説」「ちょっと目線を下に向けると、俺なんです。俺なんですけど、目線を戻すと小説」と、きわどい「トーク」も飛び出します。




「中島健人」は「カーテンとか開けて日差しを浴びながらやると、日光浴もできるんです」と、普段は服の下で隠れている部分にまで光を当てている、などと熱弁し、最後は「シャワー」後に「肌ざわりのいいカーペットに、裸でダイブする」と告白します。これを聞いた「マリウス葉」は「マジで!? もう遊びに行けないよ!」と、さらに「中島健人」から距離を取っていたのでした。

この放送には「ファン」も驚いたようで、「話の内容的に、健人くんは自宅で9割裸ってことじゃん!?」「脚をV字に開いてたまに裸で官能小説を読んでる人って、冷静に考えて相当ヤバくないですか?」「ケンティーの話、どこまで本当かわからないけど、全部本当であってほしい「笑」」との声が寄せられていました。

「中島健人」の「ファン」なら裸でベッドの上で足広げて読む行動にあまり驚くことはないかも知れませんね。



SNSでもご購読できます。