神宮寺勇太★卓球マシンを使った練習★痛いんだけど&ミスってる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「神宮寺勇太★卓球マシンを使った練習★痛いんだけど&ミスってる」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「MEDAL RUSH」が放送されました。「9月2~6日」は「神宮寺勇太」が登場し、「卓球」に挑戦しました。

今回は、「元卓球選手・福原愛」との「ペア」で、全日本選手権で「2度」の優勝経験がある、「坂本竜介監督」から指導を仰ぐこととなりました。卓球に挑戦すると知った「神宮寺勇太」は、「あの実は、俺のお父さんが卓球部のキャプテンでした」と明かすも、自分自身は「レジャー程度」でしかやったことがなく、少々不安そうでした。




「インターハイ2連覇中」の「戸上隼輔選手」を相手に、早速試合を行うも、「神宮寺勇太」は「サーブ1投目」から「反則ミス」を犯してしまいます。実は「サーブ」を打つ際、「球を乗せた手が曲がっていると反則」「指の上に球を乗せても反則」といった細かい「ルール」が設定されており、「神宮寺勇太」はそれを知らずに反則をしてしまったのです。

それ以降もまったく球を打ち返せず苦戦する「神宮寺勇太」でしたが、その理由の一つは「ボールに回転がかかっている」からでした。卓球は球技の中でも「回転のスポーツ」と呼ばれており、いかに「“回転”」を攻略するかが、勝負を決める「ポイント」なのだそうです。「戸上隼輔選手」は球に回転をかけることで、打ち返される位置まで「コントロール」しているそうで、実際、「神宮寺勇太」が打ち返した「ボール」は「戸上隼輔選手」の予想通りに飛んでいきます。その様子を見て、「神宮寺勇太」は「なんで!? ウソやん!」「なんでよ?」と言葉を失っていました。

その後、「卓球マシン」を使った練習を行ったのですが、球が「猛スピード」で次々と発射され、「神宮寺勇太」の体にぶつかります。「痛い痛い痛い、痛いんだけど!」と悲鳴を上げる「神宮寺勇太」に対し、「間違えちゃった。設定間違えました」と言う「坂本竜介監督」です。「だいぶミスってますよ!」と「ツッコミ」を入れる「神宮寺勇太」でしたが、まるで「コント」のようなやりとりを楽しんでいるようでした。




そんな中、球には「上回転」と「下回転」があると「坂本竜介監督」から教えられ、「ボール」の回転に合わせた打ち方が重要だと学ぶ「神宮寺勇太」です。上回転の場合、「ラケットを振らない」のが正しい打ち方だと聞き、「神宮寺勇太」は驚きます。ですが、「坂本竜介監督」の指導通りに練習しているうち、簡単に相手の「コート」へ球を打ち返すことができるようになります。これには「えっ、えっ?入りますね なんか悔しいッス」と、困惑してしまうのでした。

その後も、「相手コート」の端に置かれた「ピン」を狙う「“コース練習”」や、「福原愛選手」の代名詞である「“王子サーブ”」も、なんとなく習得します。「サーブ」が決まり「サー!」と声を出す「神宮寺勇太」に、「坂本竜介監督」が「言いたいだけでしょ?」と「ツッコミ」を入れ、笑いを誘う場面もありました。そして、最後に行われた「戸上隼輔選手」への「リベンジマッチ」では、「坂本竜介監督」も驚く「“オリジナルスマッシュ”」を決め、見事に「神宮寺勇太」が勝利しまた。

「ファン」の注目が集まっていたのは、試合の途中で「坂本竜介監督」が突然、「バックハンドの練習してなかった」と「“痛恨のミス”」を明かした場面。「スタッフ」は爆笑していましたが、「神宮寺勇太」は「ラケット」で顔を隠し苦笑しつつ、「坂本竜介監督」には優しい笑顔を見せて気遣っていた様子でした。そんな姿に「ファン」は、「神宮寺くんの優しさがあふれてた~!」「どんな時でもニコニコしてて、本当にかわいいしカッコいい!」「監督のことを責めるでもなく、笑ってそのまま試合を続ける神宮寺くんに惚れました!」との声が上がっていました。

初心者の「神宮寺勇太」に「設定ミス」の「卓球マシン」に挑戦させようとする「坂本竜介監督」の意図が良く分からないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。