長瀬智也★錦戸亮に続く退所Xデー★嵐活動休止後&グループは空中分解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「長瀬智也★錦戸亮に続く退所Xデー★嵐活動休止後&グループは空中分解」の事をお伝えしたいと思います。

「9月5日、関ジャニ∞・錦戸亮」の「グループ脱退」と「ジャニーズ事務所退所」が明らかになり、「ネット」上では「次に退所するのは誰?」とささやかれています。かねてから、「一部メディア」が、「TOKIO・長瀬智也」の進退について報じていますが、「ジャニーズ事務所」に近い関係者からも、「TOKIO」の「“空中分解”」は時間の問題とみられているといいます。




昨年「4月下旬、山口達也」が未成年者への強制わいせつ事件を起こしたことが発覚し、「5月6日」に「TOKIO」からの脱退と退所が決定しました。以降、「グループ」の音楽活動は実質的に休止状態が続いています。「長瀬智也」は昨年「6月公開」の映画「空飛ぶタイヤ」に主演するなど俳優業を行っているものの、現在「メイン」の芸能活動は「ザ!鉄腕!DASH!!」「日本テレビ系」など、「バラエティー番組」のみの状態です。

「5月23日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」は、「プライベート」でも「バンド」を組むほど音楽活動を重視してきた「長瀬智也」が、「グループ」の現状に対する不満を事務所に直訴していると報じました。音楽活動を希望する「長瀬智也」の退所は「待ったなし」と言われているようですが、「長瀬智也」の脱退と退所というよりも、「TOKIO」という「グループ」の存続が危ぶまれているといった方が正確のようです。事務所としては、「嵐」が活動休止に入るまでは「退所ラッシュ」と言われるような事態を避けたい思いがあり、「2020年が終わるまでは、誰も退所させず、既存グループを継続させる」という強い意向を示しているそうです。

ですが「2021年」以降は、その反動で退所する「タレント」が続出する恐れもあるようです。




「TOKIO」に関しては、将来的に解散、または「メンバー」の中から退所者が出るという方向で、内々に話が進んでいるそうです。残留する「メンバー」はいるかもしれませんが、いずれにせよ「“活動終了”」にはなるようです。特に「長瀬智也」は、「ジャニーズアイドル」として「やりきった」と考えているとみられ、事務所も事務所で説得する材料を用意できていないようです。「山口達也」の退所も原因の一つではあるものの、それとは関係なく「TOKIOとしてできること」は、もう「長瀬智也」には残っていないのでしょう。

「7月」には、「ジャニーズタレント」から慕われる「ジャニー喜多川社長」が死去したため、退所を考えている「所属タレント」たちの「残留する理由」が、また一つなくなってしまいました。本当の「“退所ラッシュ”」は、「約1年半後、2021年」に訪れるのでしょうか。

「2021年」を待たずして「長瀬智也」は「TOKIO」を去っていくのでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。