安田章大★オーロラを見たい夢★実際にプラン立てた★諦めきれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「安田章大★オーロラを見たい夢★実際にプラン立てた★諦めきれない」の事をお伝えしたいと思います。

「9月7日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」にて、「安田章大」の個人企画「安田ワールドフレンドリー」が放送されました。

「いつか海外生活がしたい」と夢見ている「安田章大」が、「世界中に友達をつくり、未知のお国柄を学ぶ」というこの「コーナー」です。今回は「ノルウェー」を学ぶということで、まずは「クイズ」に挑戦します。正解すると、「ノルウェー」の郷土料理である「フォリコール」と「サーモンクリームスープ」が食べられる「ルール」です。今回「ナビゲーター」を務めたのは、「お笑いコンビ・マテンロウ」の「アントニー」で、「安田章大」の「“友達候補”」となったのは、「ノルウェー出身」の「クリスチャン」でした。日本語を勉強するため、「1年前」に来日した「29歳」の男性です。




「ノルウェー近海」では、「タラ」や「ししゃも、サバ」などが取れるとのことで、「アントニー」に「魚は好き?」と聞かれた「安田章大」は「好き!」と返答します。また、「メバルの煮付けを自分で作って食べた」と自身で魚料理をすることも明かしました。「クリスチャン」の地元は北極圏最大の漁師町「トロムソ」という場所で、そこにはお酒と女性が好きな漁師がたくさんいるそうです。「安田章大」もお酒は好きらしく、「ビールから始まって、芋「焼酎」なのか麦「焼酎」なのか泡盛なのかワインなのか」とさまざまなお酒を嗜んでいる様子です。

また、「トロムソ」は「オーロラ観測拠点」でも有名な場所で、「安田章大」は「オーロラを見たいっていう夢がすごいあって、実際にプランを立てたことがあった」と告白します。その時は、「スケジュール」の都合がつかずに諦めたそうですが、「やっぱり行ってみたいと思う」とまだ夢は捨ててないようです。

その後、「別々の家族が同じ一軒家をシェアしている住宅事情」や、「クリスマスにはサンタではなく「“ニッセ”」という妖精がプレゼントを運んでくる」など、「ガイドブック」には載っていない、「リアル」な「ノルウェー事情」が伝えられました。そんな中、「アントニー」がうっかり「クイズ」の答えを言ってしまうという「ハプニング」が発生しました。




「小中高の学生生活が終わったことを記念して、ヤンチャや悪ふざけが許される「“ルス”」という期間が、ノルウェーの文化にはある」と説明していた時、「ルス中に、クリスチャンがやって一番楽しかったミッションは何?」という問題の答えである、「交差点でBBQをしたこと」を「アントニー」が話の流れで先に言ってしまったのでした。

この「ミス」に対し、「番組スタッフ」が「「進行役は」同じハーフ芸人のデニスになるかも」と、日本と「ブラジル」の「ハーフ」である「お笑いコンビ」の「デニス・植野行雄」への「“交代”」を示唆しましたが、「安田章大」は「予定調和じゃない人間らしさが出ていて、俺は好きやけどな」と優しく「フォロー」します。最終的に、「安田章大」はご褒美の料理を食べることができ、「おいしい味がする!」と穏やかな表情を浮かべていました。

今回の放送では、「安田章大」が「アントニー」を「フォロー」した場面への注目度が高く、「ネット」上には「ヤスくんの優しさがあふれてた!あんなの惚れてしまう!」「アントニーをフォローする安田くんの思いやり、見習いたいなあ」「失敗してもフォローする章ちゃん、さすが!アントニーさんもまた番組に出てくれるといいな」などの「コメント」が寄せられました。

「安田章大」の「オーロラ」が見たい夢はいつの日か実現させてほしいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。