滝沢秀明★少年たち演出★ジャニーさんを冒涜&胸糞悪い★批判噴出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「滝沢秀明★少年たち演出★ジャニーさんを冒涜&胸糞悪い★批判噴出」の事をお伝えしたいと思います

「2020年」の「CDデビュー」が決まっている「ジャニーズJr.内ユニット・SixTONES」と「Snow Man」が出演する舞台「少年たち To be!」が、「9月7日」に「東京・日生劇場」で開幕しました。「企画・構成・総合演出」は「ジャニー喜多川社長」「享年87」が務めてきた作品ですが、「7月9日」に亡くなったことを受け、「ジャニーズアイランド・滝沢秀明社長」が「演出プラン」を引き継いだといいます。ですが初日を迎えた後、今作に対して「滝沢は演出向いてない。辞めれば?」と、多くの批判が噴出する事態となりました。

「1965年」の初演以降、数々の「ジャニーズタレント」が引き継いできた「少年たち」「シリーズ」です。「デビュー」前の「Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTメンバー」なども出演しており、上演ごとに「ストーリー」や「テーマ」の変更は生じていますが、根幹で描かれるのはさまざまな事情によって刑務所に入った少年たちの「葛藤、友情、夢」の物語です。今年「3月」には「映画 少年たち」が公開され、近年の舞台版と変わらず「SixTONES、Snow Man」が「メイン出演」しています。

「2組」による舞台「少年たち」は「5年目」となりましたが、「“脱獄シーン”」が開始数分で描かれるなど、これまでとは「ガラリ」と異なる内容だったようです。また「1幕」で登場する、それぞれが自身の思いを吐露する「シーン」については、「ニュースサイト・マイナビニュース」の記事によれば「自分たちのことを手紙に書いて脚本家さんに渡すという、今までにない台本の作り方をしている」「田中樹」そうです。




そして、物語の最後に「“ジャニー喜多川社長の肉声”」が流れるという仕掛けも話題になっています。これは、「2015年」の「ラジオ」「蜷川幸雄のクロスオーバートーク」「NHKラジオ第1」にて、演出家の「蜷川幸雄氏」と対談した際の音声で、「ジャニー喜多川社長」が「アイドル」の育成について言及した部分を使用しています。「マスコミ」の取材に応じた「滝沢秀明社長」は、この演出に関して、「ジャニーさんは「YOU、ダメだよ」ってニヤニヤしていると思いますが、全ての言葉が詰まっている」と、述べていました。また、「ジャニー喜多川社長」は作品の構想を「メモ」に残していなかったため、「滝沢秀明社長」がこれまでの発言の意図をくみ取り、「ステージ」を再構築したそうです。

従来の「少年たち」の「ラスト」では仲間の「1人」が死去するのですが、「滝沢秀明」は誰も死なない設定にして「50年後に再会する話」に変更しています。「滝沢秀明社長」いわく、今作の準備に取り掛かっていた時は、「ジャニー喜多川社長」が入院中だったこともあり、「心がグラグラしていた時で死をテーマに入れたくなかった」とのことでした。「少年たち」名物の桶を使って踊る「桶ダンス」をはじめ、「50年後」に再会する物語となったことから「SixTONES」と「Snow Man」の「“おじいちゃん”」「シーン」や、「マジックコーナー、滝沢秀明社長」の「“お気に入り”」とされる「Snow Man・ラウール」の「ソロダンス」など盛りだくさんの舞台になっているようですが、物語に一貫性はないと批判されています。ですが、最後に日替わりで手紙を読む場面は、彼らの「ストレート」な告白に涙する「ファン」が続出しているそうです。

開幕後、観劇した「ファン」の間では「すぐ脱獄して延々と自分語りで、いきなりおじいちゃんコントからの桶ダンス。脈絡も何もない」「何これ?スピンオフのコント?おじいちゃんコントの長さどうにかして」「「少年たち」のエッセンスのカケラも残ってない。何も心に届かないし、お粗末すぎる」「随所に滝沢の匂いしかしない、まさに「滝沢たち」」といった酷評が相次ぎました。

さらに、「ジャニーさんの「少年たち」は昨年の舞台と映画で終わった。本当にひどすぎ」「伝統ある「少年たち」が全く違うモノになって悲しい ジャニーさんへの冒涜」「滝沢はジャニーさんが伝えたかったことを理解できてない。胸糞悪い」「何が「死をテーマに入れたくなかった」だよ。客にとってはそんなの関係ない。滝沢が「少年たち」をぶち壊した」と、否定的な感想が多く見受けられます。




「5年連続」で主演をやり遂げた「SixTONES」と「Snow Man」は今回で同舞台から卒業するそうですが、「ファン」は彼らにとって最後の「少年たち」がこういった非難の声ばかり目立つことに、胸を痛めています。そもそも、「ジャニー喜多川社長」が生み出す舞台自体も「ストーリーが破綻している」とよく言われてきましたが、「一部ファン」は「ジャニー社長はトンチキだけど、伝えたいことがはっきりしてたから見られる。でも滝沢はトンチキな上に伝えたいことがさっぱりわからない」と手厳しい評価を下しています。また、「ジャニー喜多川社長」の肉声を流す演出も顰蹙を買い、「ジャニーさんは自ら表に出たがる人じゃなかった。肉声って必要なのかな」「ジャニーさんの死はエンターテインメントじゃない」「よくジャニーさんの死をお涙頂戴に利用できるよね。理解できない」と、「辛口コメント」が飛び交っています。

なお、本編中は「SixTONES・田中樹」が実兄の「元KAT-TUN・田中聖」を連想させるような「セリフ」を話す場面も。聖といえば、「2013年」に「度重なるルール違反行為があった」として「ジャニーズ事務所」から専属契約を解除されるなど、「“ヤンチャ”」な「キャラ」で有名ですが、「田中樹」が「兄貴なんて関係ない。俺は俺なんだよ!」と、複雑な胸中を明かす一幕があったといいます。とはいえ、田中兄弟は仲が良いことで知られるため、「役と本人の過去がリンクしてる演出はいいと思うけど、兄貴に関するセリフを言わせるのは」「つらかった過去をお涙頂戴劇にするのはやめてほしい」「樹は聖を誇りに思ってるし、兄貴は関係ないとか絶対思ってない」「滝沢、樹になんてセリフ言わせてるの 感動するとでも思った?」と、「滝沢秀明社長」への失望の声が上がっています。

一方で、「作・構成・演出」を「ジャニー喜多川社長」が手掛け、今年から「King&Prince」の「岸優太」が座長に抜てきされた舞台「DREAM BOYS」「帝国劇場、9月3日~27日」は、「KinKi Kids・堂本光一」が脚本の手直しや演出面を「サポート」している。こちらは「新生ドリボ、良すぎた!ストーリーもわかりやすい」「ドリボは前までとは全く別物ってほど見やすくて、引き込まれる!」「それぞれの心情がわかりやすい演出になってる。やっぱ光ちゃんの指導スゴい」と絶賛の嵐です。それだけに、「ネット」上では「「少年たち」も滝沢じゃなくて光一くんに「プロデュース」してほしかった

「少年たち」は「28日」まで続きますが、千秋楽に向けて演出や脚本の「“テコ入れ”」が行われ、「ファン」が納得するような内容に仕上がるのでしょうか?

「滝沢秀明カラー」が出てくるまでにはもう少し時間がかかるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。