橋本涼&作間龍斗★活動自粛★滝沢秀明社長の進言★メリー・ジュリー副社長より厳しい一面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「橋本涼&作間龍斗★活動自粛★滝沢秀明社長の進言★メリー・ジュリー副社長より厳しい一面」の事をお伝えしたいと思います

「ジャニーズ事務所」は「9月10日、ネット」上への「“プライベート写真流出騒動”」が取り沙汰されている、「ジャニーズJr.内ユニット・HiHi Jets」の「作間龍斗」と「橋本涼」の処分を「公式サイト」で発表しました。同事務所が「2人」に聞き取り調査をしたところ、「ネット」上に公開された写真は自分たちであることを認めたといい、反省を促すために年内いっぱいの活動自粛を決定したそうです。当初は処分や公式発表をせずに、「“スルー対応”」も考えられたようですが、厳しい処分が科されたことに、「一部メディア関係者」から驚きの声が上がっています。

今年「5月、ジャニーズJr. 内ユニットの7 MEN 侍・五十嵐玲央」の「未成年喫煙・飲酒」を疑わせる「プライベート写真」が流出し、事務所は退所という最も厳しい処分を下しました。「作間龍斗」と「橋本涼」に関しても、「一部ファン」の間では飲酒を疑われているものの、流出した写真からは法に触れる行為が確認されず、退所は免れた様子です。事務所としては、「ネット」上での騒動を一切無視することも可能でしたが、数日のうちに活動自粛が発表される異例の「“スピード対応”」となりました。




「三井不動産リアルティ」は、「三井のリハウス」の「テレビCM」に「作間龍斗」を起用していましたが、活動自粛を受けて、「CM」および「Web動画、ポスター」など販促物などの差し替えを発表しました。違約金などの「“実害”」まで発生する事態となりましたが、今後事務所は「Jr.」の私生活をめぐる不祥事に厳しく対応していくと予想されるといいます。

今回の処分を決めたのは、今年から「故・ジャニー喜多川社長」の後を継ぎ、「Jr.部門」の責任者となった「滝沢秀明社長」だそうです。これまで「ジャニーズ事務所」では、こうした私生活面の「スキャンダル」については、「メリー喜多川、藤島ジュリー景子両副社長」が対応しており、「ジャニー喜多川社長」はほぼ「ノータッチ」でした。ですが、「滝沢秀明社長」は「Jr.」の演出や「プロデュース業」と同じぐらい、彼らの「プライベート」にも目を光らせているようで、「作間龍斗」と「橋本涼」の一件に関しても、「メリー喜多川・藤島ジュリー景子両副社長」に対して、厳しい処分を科すよう訴えかけていたといいます。

「滝沢秀明社長」が「作間龍斗」と「橋本涼」を看過できなかったのは、「ジャニー喜多川社長が「“特に目を掛けていた”」グループのメンバーだから」という理由もあるようです。




次世代の「ジャニーズ」を引っ張っていく存在として、いかに自覚の欠ける行動を取ったか、「2人」に痛感させたかったということでしょう。ひいては、「ジャニー喜多川社長」が築き上げた「“ジャニーズ帝国”」を守りたいという思いもあったのかもしれません。

この件をきっかけに、全ての「Jr.」がより気を引き締めるようになるといいのですが。

考え方によれば退所にならなかっただけでも喜ばないといけないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。