加藤シゲアキ★文化放送の待遇★ほかにないのか&不満タラタラの訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ★文化放送の待遇★ほかにないのか&不満タラタラの訳」の事をお伝えしたいと思います

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「9月10日」深夜の放送回には「加藤シゲアキ」が登場し、「メンバー」との焼肉事情について語りました。

この日は、いつもの「スタジオ」ではなく別室で収録しているそうで、「小山慶一郎」は「文化放送の中にある一番古い部屋みたいな感じ」と言っていましたが、「加藤シゲアキ」からすると「文化放送じゃないでしょ?倉庫でしょ」と、もはや部屋と言い難い場所のようでした。




「ペラペラ」の額縁が飾ってあったり、最初は白かったと思われる壁紙が全部茶色に変色していたりと、決して「“綺麗”」とは言えない様子で、「加藤シゲアキ」は「こんなんで防音できるかね!?」「ほかに「部屋」ないのか?文化放送」と待遇に不満げでした。

一方で「小山慶一郎」は「いや~、だから「KちゃんNEWS」になると「もう長くなってるから、どこでもいけるでしょ?」と。ある意味の期待じゃない?期待をかけられてのこの部屋かもしれない」と、持ち前の「ポジティブ思考」を発揮していました。

そんな中で「お二人は焼肉に行ったとき、自分で焼く派ですか?それとも焼いてもらう派ですか?」と質問が届いたことから、「メンバー」で焼肉に行った際の話になりました。「加藤シゲアキ」に「どうなんですか?」と聞かれ、「俺、絶対焼く、みんなの」と即答した「小山慶一郎」は「でも最後の焼き加減がうるさい人たちには、「もうちょっと、これして」って言うけど」と、好みの焼き具合も把握しているようでした。

ですが、「加藤シゲアキ」は「人数分のトングほしいよね、いつも思うけど。自分の分、自分で焼いてほしくない?人のも焼いてほしくないし」とのことで、「俺は焼きたいから焼くんだけど」という「小山慶一郎」とは、全く逆の「タイプ」です。すると、この話で思い出したのか、「だから俺、メンバーと前に焼肉食べたときに焼いてあげてたら「焼かないで」って言われた」と「小山慶一郎」は悲しい「エピソード」を告白したのでした。




そこで「加藤シゲアキ」が「手越「祐也」は焼いてほしいんじゃないの?」と「フォロー」すると、「小山慶一郎」も「手越はね、割と何でも良かったりするからね」と返答します。ただ、「増田貴久」と「加藤シゲアキ」からは「最後は自分でやるよ」と言われたことを念押ししていたのでした。

この放送に「ファン」からは、「シゲとまっすーが自分で焼くのは想像つく」「慶ちゃんはママだわ。でもみんな迷惑なのかな?」「シゲの人数分のトングがほしい、には共感」などの声が寄せられていました。

「加藤シゲアキ」と「増田貴久」が自分たちのことを自分でやりたがったり、「手越祐也」が「小山慶一郎」に世話を焼いてもらっていたりと、「プライベート」が普段から「テレビ」で語られている関係性と変わらないことがよくわかる放送でした。

不満を口にする「加藤シゲアキ」と「超ポジティブ思考」な「小山慶一郎」「2人」の考え方の違いに笑ってしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。