横尾渉★実兄&ジャニー喜多川社長が交わした★面倒見てあげる★約束を告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「横尾渉★実兄&ジャニー喜多川社長が交わした★面倒見てあげる★約束を告白」の事をお伝えしたいと思います

「9月11日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・横尾渉」と「千賀健永」が登場しました。「横尾渉」の兄と「ジャニー喜多川社長」が交わしていた「“約束”」について語られました。

「7月9日」に死去した「ジャニー喜多川社長」の「お別れの会」が、「9月4日」に「東京ドーム」で行われていましたが、一般の部に参列したという「リスナー」から、「たくさんの感謝を伝える機会を設けていただき、メッセージカードに書ききれないほどの思いを最後に伝えることができました。ジャニーさんとの忘れられない思い出、聞かせていただける範囲で、みなさんにおすそ分けしていただけたらうれしいです」という「メッセージ」が届きました。




「ジャニー喜多川社長」と出会ってから、「千賀健永」は「16年」、「横尾渉」は「18年」の間、いろいろな思い出があるようですが、中でも「千賀健永」が印象的だったのは、「横尾渉」との初対面だといいます。入所したてで当時小学生だった「千賀健永」に、「ジャニーズ事務所」内で初めて「ダンス」を教えてくれたのが「横尾渉」で、それは「ジャニー喜多川社長」から「あの子に教えてもらった方がいいよ」と言われたからなんだそうです。一方の「横尾渉」も、「名古屋のダンスすごい子がいるから、あの子教えて」と、「ジャニー喜多川社長」から直々に「千賀健永」へ「ダンス」を指導するよう言われたのだと明かしました。

さらに「横尾渉」は、「ジャニーさんと僕のお兄さん 次男坊との約束を叶えてくれてありがとうございます、っていうのはありますね」と吐露します。何でも、「ジャニーズ事務所」に履歴書を送った際に、中の履歴書は「横尾渉」の名前でしたが、外の封筒が兄の名前だったため「合格通知が2枚来たんです。僕とお兄ちゃんの名前で」と、「2人」揃って書類選考に合格していたという横尾渉兄弟」です。ですが、兄は「ジャニーズ」に入る気がまったくなかったそうで、「“保護者”」として「オーディション」に同席しました。そんな「横尾渉」の兄に対し、「ジャニー喜多川社長」は「君も「オーディションを」受けなさい」と説得していたそうです。

結局、「横尾渉」だけが「オーディション」を受けて戻ってくると、兄と「ジャニー喜多川社長」が話しているところを目撃します。「君はいいのか?」と「ジャニー喜多川社長」に言われてもなお、「横尾渉」の兄は「僕はもうやりたいこと決めてて、弟に託したい」と「キッパリ」断り、その上で「弟をよろしくお願いします。見守ってください」とお願いしたそうです。すると「ジャニー喜多川社長」は、「僕がずっと弟の面倒を見てあげるよ」と約束したらしく、「それで、今」と「横尾渉」は感慨深げに振り返っていました。




ただ、「ジャニー喜多川社長」は「お兄ちゃんの方を入れたかった」と時々こぼしていたそうで、「横尾渉」は「「僕が」歌できないのバレてたんでしょうね」と苦笑いします。とはいえ、「それでもずっといさせてくれて、Kis-My-Ft2で」と言い、兄との約束が今の仕事に繋がっていることに感謝しているようでした。

放送後は、「ネット」上で「ファン」から「横尾さんのお兄ちゃんって、キスマイのメンバーも「“男前”」って褒めてたよね。私も見てみたいわ~」「横尾さんをジャニーさんに託してくださったお兄さんも、ジャニーさんにも感謝だ」「何だかウルッとくる話。弟思いのお兄ちゃんで本当によかったね」との声が集まっていました。

実兄との約束を「ジャニ―喜多川社長」は「横尾渉」が「デビュー」するまで責任を持って面倒を見てくれていたようですね。



SNSでもご購読できます。