伊野尾慧★動物保護施設を訪問★ペットを飼うハードル必要&訴え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★動物保護施設を訪問★ペットを飼うハードル必要&訴え」の事をお伝えしたいと思います

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が、「9月12日」に放送されました。

この日の「伊野尾ピクチャー」では、「伊野尾慧」と「メンバー」の「中島裕翔」との「ツーショット写真」を披露しました。「2人」とも「歯ブラシ」をくわえ、顔を近づけて「カメラ」を見据えているという、仲の良さが伝わる「1枚」となっていました。「伊野尾慧」は出演者に「何してる写真だと思いますか?」と聞きつつ、自分で「歯磨きですよ!」と「アピール」しました。




写真について「伊野尾慧」は、「仕事の合間に歯磨きすること多くて、思わず、写真に撮ることないんで撮ってみました!」と解説します。「スタジオ」から「こういう写真新しいですよね」「「ファンは」うれしいかもね」という声が上がると、「伊野尾慧」は「ちなみに、「いのお飯」後も、僕歯磨きしてます!」と「ドヤ顔」で語り、「スタジオ」からは笑いが漏れていました。

その後に放送された「イノ調」では、「動物保護施設」の現状を「伊野尾慧」が調査しました。一昔前は「“殺処分”」の印象が強かった「動物愛護センター」ですが、今回「伊野尾慧」が訪れた「神奈川県動物愛護センター」では、ここ数年、殺処分数は「ゼロ」だといいます。現在は新しい飼い主に譲渡したり、終生面倒を見ることに力を入れていると紹介されました。

実家で犬を「3匹」飼っている「伊野尾慧」だけに、動物の殺処分問題には切実な思いがあるようです。実際に保護されている猫と対面した際は、背中に「グレー」の「ハート模様」が出ている猫を見つけ、「毛の形がハートになってる!」と興奮しつつ、「こういう「“かわいいポイント”」をたくさん見つけてあげて、紹介してあげることによって「スムーズに譲渡できる」」と「コメント」しました。




その後も、保護犬や保護猫の譲渡が「メイン」となっている「“保護カフェ”」にも足を運んだ「伊野尾慧」です。実際に犬へおやつを食べさせながら、「ご飯あげて触れ合うと、いろんな性格の子が見えたりして。愛着も湧くから、連れて帰りたくなるよね」と話し、楽しそうに犬と戯れていました。

「VTR」が終わり、「スタジオ」では「伊野尾慧」が「身勝手な理由で捨てているという方々もいるということなので」という現状を伝えた上で、「ペットを飼うときには講習や、資格を得なきゃいけなかったり、もう少しハードルも必要なのかなって、個人的に思いました」と「コメント」します。視聴者からは、「保護施設の現状を伝えつつ、最後には問題提起もしてくれてよかった」「伊野尾くんはおふざけリポートから、真面目なリポートまでこなせてすごい!」「伊野尾くんが本当に動物好きなのが伝わった。殺処分の問題も真剣に考えないとなあ」という声が寄せられました。

命を扱うことへの責任感を持っていない飼い主には改めて命の尊さを考えなおしてほしいですよね。



SNSでもご購読できます。