嵐&米津玄師★CD同日発売★売り方汚い&米津さんに謝れ★両ファン罵倒合戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐&米津玄師★CD同日発売★売り方汚い&米津さんに謝れ★両ファン罵倒合戦」の事をお伝えしたいと思います

「嵐」の「ニューシングル」「BRAVE」が、「9月10日付」の「オリコンデイリーシングルランキング」で「初登場1位」を獲得しました。発売初日だけで「34万479枚」の「ヒット」を飛ばし、堂々の首位に君臨しました。今作は、「人気アーティスト・米津玄師」の新曲「馬と鹿」と「リリース日」が「バッティング」し、発売前から「ファン同士」が「ネット」上で罵り合っていましたが。

「嵐」の「BRAVE」は、「初回限定盤DVD、初回限定盤Blu-ray、通常盤」の「3種類」で販売しています。「ニューシングル」は昨年「10月」発売の「君のうた」以来、およそ「1年」ぶりとなり、表題曲は「日本テレビ系ラグビー2019イメージソング」に起用されています。「カップリング」はなく、通常盤は「BRAVE」の「オリジナル・カラオケ」を収録しています。「初回限定盤DVD&Blu-ray」は「ビデオ・クリップ+メイキング」付きで、「マルチアングル」「+1アングル」である点も、「ファン」にとってはうれしい「サービス」でしょう。

一方、「米津玄師」の「馬と鹿」は、「7月期」の「大泉洋主演ドラマ」「ノーサイド・ゲーム」「TBS系」の主題歌で、「ノーサイド盤、映像盤、通常盤」の「3形態」となっています。「ノーサイド盤」は「CD+ホイッスル型ペンダント」が付くほか、映像盤は「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」の「ライブ映像」の「ティザー」を収録したものとなっています。全形態共通で、初回生産分のみ「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」の「チケット最速先行抽選応募券」が封入されており、購入者店舗特典で「ラバーバンド」がもらえるなど、豪華な内容となっています。「ツアー」の応募期間は「9月10~15日」で、「シリアルナンバー1件」につき「1公演」の申し込みが可能となっています。「1公演」につき「4枚」までの制限ですが、複数公演の応募もできるといいます。昨年、「Lemon」の「爆発的ヒット」が話題になった「米津玄師」だけに、「嵐ファン」は同日発売の「馬と鹿」の売り上げに、戦々恐々としていたようです。




「米津玄師」の新曲に「ライブチケット」の先行応募券が入っていると知った一部の「嵐ファン」は、「Twitter」上で「米津さん、3形態+ライブの応募券って、売り方がセコい」「あんなに特典付けないと無理なら、嵐と同じ日にするな」「汚い売り方で1位をとって、嵐の記録を途切れさせるのは勘弁して」と、販売形態や特典に否定的な考えを示していたようです。

こうした書き込みを目にした「米津玄師」の「ファン」は「発売日が嵐と被ったからって、売り方に文句言うのはやめて」「どう考えても売り上げは嵐が圧倒的だろうし、米津さんの売り方を否定するのはやめてほしい」「3形態もライブ抽選が入ってるのも、いつも通りなのに」と、「嵐ファン」の心ない言葉に怒りをにじませました。「米津玄師」には「公式ファンクラブ」が存在していないそうで、以前から「CD」に「ライブ」の抽選応募券を付ける形で販売していたようです。今回だけ特別に「“嵐対策”」で特典を増やしたと思われることが、納得いかなかったのでしょう。

こうして双方の「ファン」が「SNS」上で意見をぶつけ合う中、発売直前に新たな情報が解禁されました。「9月9日」、「嵐」の「レコード会社・J Storm」の「サイト」などで、「12月23日」に「ARASHI SPECIAL SHOOTING “5×20” at Tokyo Dome 2019.12.23」の開催が決定したと、発表があったようです。これは、「BRAVE」購入者かつ「嵐」の「ファンクラブ会員」を対象にした「イベント」で、「100台規模」の「ライブ収録カメラ」が入る公演となっています。参加者は撮影に協力しながら、「嵐5人」と一緒に「ライブ」を楽しむことになるようです。「ユーザーコード1つ」と、「ファンクラブ」の会員番号「1つ」で一度だけ「エントリー可能」で複数回は「NG」となっています。「9月11日~15日」の期間内に「エントリー」後、「10月中旬」に「チケット」の応募申し込みを行い、当選者のみ「チケット代金」の「9,000円」を入金する流れになっています。

これを受け、「嵐ファン」は「ファンクラブ会員番号で一回しか応募できないのが、大量買いしなくいいよ感が滲み出てる」「複数枚買わせる気がないし、嵐はどこまでファン想いなんだろう」「1名義につき1枚だけ買えばいいから、クリーンだわ」と、歓喜しています。店頭に並ぶ前日の「アナウンス」だったため、「“緊急”」で特典を追加したという指摘もされていますが、「東京ドームなんて1年以上前から抑えないと無理だよ」と、以前より決まっていた「スケジュール」だと、主張しています。




かたや、「米津玄師ファン」は特典に歓喜する「嵐ファン」に対して「「米津さんの売り方ずるい」って言った嵐のファン、謝れよ。お互い売り方は同じだよ」「結局、嵐も同じだった。嵐ファン、なんだかな~」「米津を批判してた嵐ファン、同じようなことしたら「嵐、さすが!」とか頭おかしい」と、「嵐ファン」の反応を非難していました。

そして、「フタ」を開けてみれば初日の売り上げは「BRAVE」が「34万479枚」、「馬と鹿」は「24万1,427枚」で「2位」に「ランクイン」しました。「嵐」の前作「君のうた」の「デイリー記録」は「20万7,787枚」でしたが、今作では「13万枚」も「アップ」していました。また、「米津玄師」も「CDシングル」の前作「Flamingo / TEENAGE RIOT」「昨年10月発売」の初日売り上げだった「12万2,872枚」を大幅に上回り、「週間ランキング」で「マーク」した「22万8,566枚」をも超える高数字となっています。「米津玄師ファン」は「嵐は5人で、米津はたった1人なのにスゴい」と、この結果を誇りに思っているようです。

さらに、「11日付」の「ランキング」では、「BRAVE」「12万7,119枚」が「1位」を「キープ」し、「馬と鹿」は「7万480枚」で「2位」になっています。発売「2日目」の時点で、「嵐」は合計「46万7,598枚」、「米津玄師」が「31万1,907枚」と差は開いていますが、果たして、「週間ランキング」の締め切りまで、「嵐」は「1位」のまま逃げ切れるのでしょうか。

「嵐ファン」も「米津玄師ファン」もまさかの「リリース日」の「バッティング」の動揺が隠せないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。