村上信五★青山めぐのお尻企画★これは違う苦言で称賛集まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★青山めぐのお尻企画★これは違う苦言で称賛集まる」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が「MC」を務める「バラエティ番組」「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系、9月16日深夜放送」にて、「村上信五」が「ディレクター」に苦言を呈する場面がありました。

「言われてみればすごい人」という「コーナー」にて、「300人以上のケツの穴を見た男」を探すべく、「TOTO株式会社」に取材を行いました。ですが、広報担当の社員によると、初代の「ウォシュレット開発」に携わり、「300人以上」のお尻の穴の位置を研究してきた「スタッフ」たちは皆、定年退職を迎えて退社しているとのことでした。




そこで、この「コーナー」を担当していた「番組ディレクター」は、「TOTO広報部」に「お尻の穴の位置のデータの取り方」を聞きます。その方法は、「トイレ」の便座の真ん中に針金を貼り、座った時にお尻の穴の位置がどこかわかるよう、針金に「シール」を貼るという「シンプル」なものでした。

その後、番組で「お尻の穴の位置調査を再現」するため、「グラビアアイドル・青山めぐ」に協力を仰ぎます。「青山めぐ」が事務所の「スタッフ」に企画参加の承諾を得ている間、「トレーニングスパッツ」を穿いたお尻が「アップ」で映し出される演出があったのですが、その「VTR」を見ていた「村上信五」は苦い顔をしながら無言になります。

「青山めぐ」がお尻の穴の位置調査に協力できることとなり、「番組ディレクター」は「男性スタッフはみんな出よう」と、収録が行われていた部屋から「男性スタッフ」を退出させ、「女性スタッフ」のみで調査を行うことになりました。「青山めぐ」は「女性スタッフ」に囲まれながら便座に座らされ、指示通りにお尻の穴の位置を確認していたのでした。

この様子を「スタジオ」で見ていた「村上信五」は、「ちょ、待って待って」と困惑し、共演の「マツコ・デラックス」も「これ、「見ていて」うれしいの?」と内容を疑問視します。「村上信五」は「これはうれしくない」「これ、違う」と答え、「マツコ・デラックス」も「これはうれしくないよね」と賛同しました。




その後、「2人」は「番組ディレクター」への「“ダメ出し”」を始めます。「村上信五」は「これは違うよ」と真顔で言い、「なんかもう、生々しいというかね」と感想を述べます。「番組ディレクター」が「「村上に」大絶賛をいただけると思った」と返答すると、「村上信五」は「ごめんなさい、ちょっとこれは。逆に、お尻の穴の位置は知りたくなかった。前から後ろから、手をこんな回させるような演出含め。あんなめぐちゃん、俺は見たくなかったですよ」と、柔らかい口調ながらも企画内容を否定していました。

この「村上信五」の発言に対して、「ネット」上では「何が面白いのかさっぱりわからない。村上くんがダメ出ししてくれてよかった」「村上くんの言う通り。私もあんなめぐちゃん見たくない」「これで適当に笑って流してたら、また同じことやると思う。村上くんがきちんと注意してくれてホッとした」など、称賛の声が続出していました。

空気が「ピリ」つかないように配慮しながらも、行き過ぎた内容をしっかりと指摘した「村上信五」です。今回の企画を考えた「番組ディレクター」は、「村上信五」の苦言を素直に聞き入れたほうがよさそうですね。

「バラエティ」の枠を超えてしまうような番組企画には視聴者も呆れてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。