中間淳太★フラワー★ソロでやる曲じゃない★カラオケ企画に抗議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「中間淳太★フラワー★ソロでやる曲じゃない★カラオケ企画に抗議」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の冠番組「エージェントWEST!」「朝日放送」が、「9月14日」深夜に放送されました。同番組は、「ゲスト」の「“ささやかな願い”」を叶える「トークバラエティ」で、今回は「お笑い芸人・阿佐ヶ谷姉妹」が出演しました。

「阿佐ヶ谷姉妹」の「ささやかな願い」とは、「ゼリーが容器から気持ちよく出る瞬間を追求してきて!」というものでした。願いを叶える「ロケ」はすでに「桐山照史」が実行済みですが、この「VTR」を見るには、「阿佐ヶ谷姉妹」が「WESTメンバー」からの質問に答えなければなりません。




この日は、「阿佐ヶ谷姉妹」が実際によく利用するという、「東京・阿佐ヶ谷」にある「カラオケ店」の一室で収録が行われました。「阿佐ヶ谷姉妹」が「95点以上を目指すガチカラオケ」に挑戦する流れになると、「渡辺江里子」が抜群の歌唱力を発揮し、難なく「95点」を「クリア」します。

すると、「阿佐ヶ谷姉妹」が「みなさんの歌もね、せっかくカラオケですから」と、「WESTメンバー」に「“ガチカラオケ”」を「リクエスト」します。この提案を受け入れ、「阿佐ヶ谷姉妹」と「WESTメンバー」でそれぞれ「ペア」になり、「メドレー」を「1曲」歌うこととなりました。ですが、なぜか「中間淳太」だけが「“ソロ”」という歌割りとなり、「こんだけおってソロ!?」と抗議するも、そのまま「メドレー」が「スタート」しました。

挑戦するのは、「ジャニーズ事務所」の「先輩・KinKi Kids」の「メドレー」です。まず「硝子の少年」「1997年」から始まり、「重岡大毅」と「神山智洋」が甘い歌声を披露すると、次は「愛されるよりも愛したい」「1997年」を「桐山照史」と「濱田崇裕」が「ノリノリ」で歌唱します。「全部だきしめて」「1998年」を「小瀧望」と「藤井流星」で歌い上げ、「ソロ・中間淳太」の出番になりました。




ここで回って来たのは、よりにもよって、大人数で盛り上がるのにふさわしい楽曲「フラワー」「1999年」でした。これには「中間淳太」が「ソロでやる曲じゃない!」と不満を爆発させ、「メンバー」は大爆笑します。「サビ」までは「中間淳太」が「1人」で歌っていましたが、さすがに「メンバー」から「みんなで歌ってあげよ」と声が上がり、最後は全員で大合唱しました。点数は「81点」と思うように伸びなかったものの、「阿佐ヶ谷姉妹」は「天国かと思った~!」と喜び、「重岡大毅」も「点数低かったけど楽しかったな!」と大満足していました。

この日の放送を見ていた「ファン」からも、「みんなでカラオケ最高!今日は神回!」「貴重な回やったなあ~!阿佐ヶ谷姉妹さんのことも好きになった!」「KinKi Kids先輩のメドレーというチョイスも素晴らしい!」と反響があり、大興奮の放送回となったようです。

「WESTメンバー」の団結力に「中間淳太」も幸せを噛みしめながら歌うことができたでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。