二宮和也&伊藤綾子★新居マンション特定★過激派ファン★部屋の灯り監視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也&伊藤綾子★新居マンション特定★過激派ファン★部屋の灯り監視」の事をお伝えしたいと思います。

「17日」発売の「女性自身」「光文社」が、「嵐」の「二宮和也」と交際相手で「元フリーアナウンサー」の「伊藤綾子」が「3億円」の「高級マンション」で同棲を「スタート」させていたことを伝えました。「嵐」の活動を休止する「2021年」にも結婚するとみられています。

この同棲報道に「ファン」は荒れ気味ですが、なかには「新居マンション」を「“特定”」しようとしたり、「殺意」を匂わせるという行き過ぎた「ファン」もいるようです。

同誌によれば、「二宮和也」は今年の春先に元住居の「タワーマンション」から引っ越しており、すでに「新居マンション」で「伊藤綾子」との同棲を「スタート」しているとのことです。「二宮和也」は、「嵐」が活動休止に入る「2021年」に結婚する意志を固めているそうです。

「新居マンション」には大きい庭があり、「インドア派」の「二宮和也」と「伊藤綾子」が誘って日光浴することもあるといいます。さらに記事では「歩いて近くにある台湾スイーツの店」で「テイクアウト」した商品を手にした「伊藤綾子」が、「新居マンション」へと帰宅する姿も「パパラッチ」されています。

この同棲報道を受けて、「二宮和也」の「ファン」は「SNS」で過去最大級に荒ぶっています。「まじで伊藤綾子みたいなやつだけは勘弁」「伊藤綾子あいつまだ生きてたのかよ」などと、醜い「バッシング」が続出し、目も当てられない状態です。




さらに、記事に記されていた「新居マンション」の「3億円」「庭つき」などの特徴や、「伊藤綾子」が持っていた「台湾スイーツ」の店舗など断片的な情報から、ふたりの生活圏内を「“特定”」しようとする動きも活発化しています。すでに「ネット」上では、大まかな住所はもとより、「新居マンション」が面している通りの名前まで拡散されています。

もちろん、これは「ファン」の「“推理”」に過ぎないのですが、個人の「プライバシー」を暴き、邪魔するような行為はあってはならないことでしょう。そもそも今回の「二宮和也」の引っ越しは、「ファン」の「ストーキング」を逃れるためだった可能性もあるようです。

今回の報道に先んじて、今年「7月」には「週刊女性」「主婦と生活社」が「二宮和也」の引っ越しを伝えていました。同誌によれば転居の理由は、一部の「二宮和也ファン」が彼の自宅を特定し、住所などを晒したことだったといいます。

というのも昨年末、「Twitter」で、とある「ファン」が「二宮和也」の住む「タワーマンション」の「“灯り”」を確認すべく、「ツイート」で呼び掛けました。すると、他の「ファン」がある「高層マンション」の写真をつけて「リプライ」を飛ばし、写真を見た「ファン」たちは「電気ついてるから綾子がいる」と嘆く という一幕があったのでした。

「嵐」はその日、「札幌ドーム」で「コンサート」を開催していたため、「二宮和也」は不在のはずでした。ですが電気がついていたことによって、半同棲中と伝えられていた「伊藤綾子」が部屋にいると「ファン」は予想し、落胆したわけです。

このやり取りからは、一部の「ファン」の間では、「二宮和也」が「高層マンション」の「何階・何号室」に住んでいるかまで把握していることがわかります。ふたりが危険を感じて引っ越すのも当然のことだでしょう。




振り返れば、「二宮和也」と「伊藤綾子」の交際はすでに「3年以上」にもわたります。初の交際報道が出たのは「2016年7月」のことでした。その直後から、「伊藤綾子」は自身の「ブログ」などで「二宮和也」との交際を「“匂わせている”」として、一部の「二宮和也ファン」から「なんとしてでも別れて欲しい」「結婚するのはいいけど、綾子だけはダメ」などと猛攻撃を受けてきました。

こうした「バッシング」の影響か、「伊藤綾子」は「2017年3月」に「news every.」「日本テレビ」を降板しました。昨年「3月」には事務所も退所しており、現在は芸能活動休止状態にあります。

しかし逆風にもめげず、「二宮和也」と「伊藤綾子」は交際を続行してきました。昨年「4月」には、一部週刊誌によって「“半同棲”」報道が飛び出し、さらに同年「8月」には「4泊5日」の「モルディブ旅行」に向かう「ツーショット姿」が「パパラッチ」され「“婚前旅行”」と騒ぎ立てられたこともありました。

今回の同棲報道を受け、「伊藤綾子」への「殺意」を「ツイート」する不穏な「ファン」の声も出始めています。週刊誌の断片的な情報から再び彼らが危機にさらされては、いくら引っ越しても「キリ」がありません。「二宮和也ファン」の言い分としては「交際をブログで匂わせていた伊藤綾子は異常で、ヤバイ」とされますが、それを理由に彼女を攻撃し続けたり、「二宮和也」の周辺を監視する行動こそ異常で「ヤバイ」でしょう。

一部の過激な「ファン」の「バッシング」にもめげず、交際を貫き通すふたりの姿勢には、応援する声も増えつつあります。「二宮和也」と「伊藤綾子」が「2021年」に結婚するか否かは知る由もありませんが、その時は大いに祝福したいですね。

「ファン」としては認めたくない事実なのかも知れませんが「二宮和也」なりの防衛策なのかも知れませんね。そろろそ「二宮和也&伊藤綾子」の「2人」を祝福しても良い時期なのではないでしょうか。



SNSでもご購読できます。