三宅健★KinKi Kidsに暴露された★合宿所でのお風呂ビショビショ騒動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★KinKi Kidsに暴露された★合宿所でのお風呂ビショビショ騒動」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「9月16日」深夜の放送回では、自身の潔癖症について言及しました。

この日、「リスナー」から「休みの前日は夜12時までにお風呂をあがりたい。毎週金曜日にはスマホの検索履歴を消去したいなど、自分だけのこだわりがあり、神経質なことが悩みです」という「メッセージ」が届くと、「三宅健」は「誰かに迷惑がかかるわけじゃないからいいんじゃないの?」と言いつつ、「僕も直したいんですよ。もっとおおらかに、気にしないで生きていきたいんですけけど」と自身も潔癖症で生きづらい性格をしていると吐露しました。




この「三宅健」の潔癖症について、番組の構成作家であり、「三宅健」とも仲の良い「とくむー氏」は、「前よりも全然緩くなってきましたよ」と「フォロー」しつつも、「三宅健」の家に行くと「白い手袋渡されるんですよね。指紋がつかないように」と指紋がつくことを気にする「三宅健」から手袋を渡されることを暴露します。この発言に「三宅健」は笑いながらも、「ちょっと今のだと、家の中にいる間中、手袋しなきゃいけないみたいでしょ?」と反論し、「指紋がつきやすい物を運んだりする時に「手袋をする」ってことでしょ?」と、ずっと手袋をしているわけではないと語りました。

また「三宅健」は指紋が気になる以外にも、「水滴が気になるので、食器は洗ったらすぐ拭く」「お風呂場のシャンプーボトルなどは、輪っかの跡が床につかないように、使用後はタオルで拭いて外の置き場所に戻す」など、さまざまな面でこだわりがあることを明かしました。

お風呂場の話がでたところで、「とくむー氏」が「2019年8月10日」放送の「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」で、「KinKi Kids」の「2人」が「ジャニーズJr.時代に一緒に合宿生活を送っていた三宅健がお風呂をビシャビシャにする」と暴露していたことに対しての真偽を聞くと、「確かに。僕、ビショビショにしてたと思うんですけど」と告白しました。




「三宅健」いわく、「13〜14歳」で「ジャニーズ事務所」の合宿所に入った時、合宿所が外国人仕様の「ユニットバス完備」の「マンション」で、「シャワーカーテン」を浴槽の中に入れることを知らずにお風呂を使ったため、「ビショビショ」にしてしまったと当時を振り返りながら告白します。「子どもの頃から潔癖症入っていますから、カーテンを浴槽の中にいれるっていう概念がないわけですよ。気持ち悪いから」と弁明し、「もう今はホテルに泊まっても、ビショビショにはならないと思いますよ」と笑いながら語っていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「Jr.時代の合宿所のお風呂事情も納得!」「浴室ビショビショの真相がわかってスッキリ」「白い手袋!聞いてる分には面白いんだけど、確かに生きにくそう 笑」などの「コメント」が寄せられていました。

「ユニットバス」の使用方法をしらなかったら「ビショビショ」にしてしまうのは当然のことですよね。中学生の時なら知らなくて当然ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。