横山裕★結婚式否定派★橋本マナミにやった方がいいと強く勧める訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「横山裕★結婚式否定派★橋本マナミにやった方がいいと強く勧める訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」が、「9月18日」深夜に放送されました。今回は、「女優・橋本マナミ」らを「ゲスト」に迎えて「トーク」が展開されました。




「国民の愛人」「平成の団地妻」といった異名を持つ「橋本マナミ」は、「“結婚式”」について相当な不満を抱いているらしく、「友達の結婚式では写真は1枚しか撮らない」という独特のこだわりを披露しました。「ケーキ入刀、新郎新婦入場、誓いのキス」といった場面があるものの、「似たようなラブラブ写真は1枚で十分」という思いから、枚数制限をしているのだそうです。

この主張について、「村上信五」が「ちょっと「“ひがみ”」っぽくなってんちゃう?」と指摘しますが、「橋本マナミ」はそれを否定します。その後、「橋本マナミ」は披露宴の「“仕分け”」を始め、「結婚してから食べ物に困らないように」という意味を持つ、新郎新婦でお互いで「ケーキ」を食べさせ合う「“ファーストバイト”」は不要だと主張します。これには「大倉忠義」が「家でやってるのにな!」と、独特な理由で賛同していました。

「橋本マナミ」が次々と不要な演目を挙げていく中、「丸山隆平」が「「結婚式は」両親のためのもの、という意味もあるじゃないですか?」と尋ねます。ですが、「橋本マナミ」はたとえ両親の要望があったとしても、「絶対、披露宴やらないから」ときっぱり断っているといいます。




するとここで、「横山裕」が「でも「披露宴」やった方がいいで」と切り出し、自身の弟が結婚した際の「エピソード」を披露しました。披露宴では、弟から「横山裕」へ感謝をつづった手紙が「サプライズ」で用意され、大感動したとのことです。「横山裕」も、「福山雅治」の「家族になろうよ」「2011年」を「トランペット」で演奏する準備をしていたそうですが、弟の手紙に感動して号泣してしまい、「サプライズに負けてもうて」まったく吹くことができなかったそうです。

この「エピソード」は、「横山裕」が「A-Studio」「TBS系」に出演した際など、これまでさまざまな「メディア」で語られています。「ファン」にとってはお馴染みの「エピソード」ですが、「ネット」上では「弟からのサプライズに号泣しすぎてトランペット吹けなくなる横山くん、かわいすぎるなあ」「やっぱり何度聞いてもいい話。弟さんのこと大好きなんだね」「ヨコが号泣してるところ想像できる「笑」」と、多くの反響が寄せられました。

「横山裕」の感動話には親心が感じられますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました