高橋恭平★つぶれた自身の前髪をさりげなくチェック★番組出演者が爆笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「高橋恭平★つぶれた自身の前髪をさりげなくチェック★番組出演者が爆笑」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の情報番組「キャスト」「朝日放送」に、「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」が出演しました。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。

「9月18日」の放送では、「大橋和也」と「高橋恭平」が「ロケ」を行い、大阪府にある「日本一高いビル」「あべのハルカス」での仕事に挑戦しました。




実は高所恐怖症だという「高橋恭平」は、「あべのハルカス」を前にすでに及び腰です。地上「60階」にある展望台に向かった「2人」ですが、絶景を前に「ハイテンション」な「大橋和也」に対し、窓にすら近づこうとしない「高橋恭平」です。そんな今回は、「あべのハルカス」で窓拭きの仕事を体験することになります。「ビル」の外から「ゴンドラ」に乗って作業をすると聞き、「高橋恭平」は「いかに自分が窓拭きに向いてないか」を「スタッフ」に必死で訴え、何とか「ロケ」から離脱を図ろうとしていましたが、無情にも番組は進行していくのでした。

作業で使う道具の説明が一通り終わると、作業員が実際に窓拭きの手本を見せます。どうしても怖くて窓の外を見ることができない「高橋恭平」は、「お手本を見ようと思ったら、後ろの景色も見えちゃうねんな~」と困り顔です。

実際に、「ビル」の内側から窓拭きをすることになり、「大橋和也」は難なく作業をこなしていきます。その傍ら、「高橋恭平」もそれなりに手を動かしていたため、思わず「スタッフ」が「高橋くん、怖くないの?」と質問します。すると、「高橋恭平」が笑顔で振り返ったのですが、「バッチリ」と目を瞑っており、外の景色を見ないための「“荒業”」を生み出していたことが発覚します。




そしてとうとう、実際に「ゴンドラ」での窓拭きに挑むことになり、まずは「大橋和也」が乗り込みます。地上「300m」の景色に「めっちゃキレイ!逆に全然怖くない!」と歓喜し、「多分、俺が日本一高い大橋和也ですよね?」と質問します。その後は撮影の「カメラ」に目もくれず、熱心に窓を拭いていたのでした。

次に、いよいよ「高橋恭平」が「ゴンドラ」へ乗車します。恐怖のあまり体が硬直する中、「高橋恭平」は「ヘルメット」を被ることでつぶれた自身の前髪をさりげなく「チェック」します。その様子が「カメラ」に抑えられると、「VTR」を見ていた出演者は大爆笑で、「さすがジャニーズ!」「片時も忘れてない!」と称賛の声が上がりました。そんな「高橋恭平」も何とか窓拭きの仕事をこなし、今回の「ロケ」は無事に終了しました。

「ネット」上には、「ファン」からの反響も多く寄せられており、「あんなに怖がってたのに、前髪のことがどうしても気になっちゃうなんて「笑」」「いつでもどこでもビジュアルを気にする恭平くんって、本当に素晴らしい」「すごい怖がってたけど、案外余裕あったんじゃない!?」との声が上がっていました。

これぞ「ジャニーズ」を見せつけてくれた「高橋恭平」には脱帽ですよね。



SNSでもご購読できます。