佐藤勝利★岸優太は天才だから★ジャニー喜多川社長との出来事告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「佐藤勝利★岸優太は天才だから★ジャニー喜多川社長との出来事告白」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zoneメンバー」が交代で「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」です。「9月16~19日」の放送回には、「佐藤勝利」と「マリウス葉」が登場しました。「17日」の放送回では、「佐藤勝利」が「故・ジャニー喜多川社長、King&Prince・岸優太」と一緒に舞台を観劇した際の「エピソード」が語られました。

「リスナー」からの「メッセージ」を紹介しようとしたところ、「佐藤勝利」が「夫婦漫才」という「ペンネーム」に「「“夫婦善哉”」とかけてるのかな?」と反応し、そのまま思い出したかのように「夫婦善哉」の話を始めます。




まず、「夫婦善哉」を知らない「マリウス葉」のために、「佐藤勝利」は「日本の舞台で有名なんだけど、古い作品で。ちょっと笑いが多いの、その作品」と説明します。元は「作家・織田作之助」の短編小説ですが、映画化や「ドラマ化」、舞台化もされた人気作です。「佐藤勝利」は以前、「ジャニー喜多川社長・岸優太」と一緒に「内博貴」が出演する同作の舞台を観劇したそうで、その際、「内博貴」が「織田作之助」を演じていたのだそうです。

「岸は天才だから、演出家が意図していないところで急に笑うの」と、観賞中の「岸優太」の様子について明かした「佐藤勝利」です。「笑っていい舞台だから、別にいつ笑ってもいいし邪魔する笑いじゃないんだけど」と「フォロー」しつつ、「岸優太」が周りとはまったく違う「タイミング」で笑っていたことを振り返ります。

一方、「ジャニー喜多川社長」はというと、「岸が笑えないところで「ヘっ!」って笑うと、ジャニーさんがそれを見て笑い出すの。「You、変なところで笑ってるよ」って舞台中に言って」と、「岸優太」の笑い声に反応して笑っていたのだそうです。すると、「岸優太」もそんな「ジャニー喜多川社長」を見て「笑っていいんだ!」と思ったのか、さらに爆笑します。その結果、「岸優太」と「ジャニー喜多川社長」の間だけ、舞台とは関係のない「“笑い”」が生まれていたといいます。

この時のことについて「佐藤勝利」は、「それがエンドレスで続いて、何も舞台で誰も面白いこと言ってないのに、岸とジャニーさんだけ笑い続けてるっていうのを、俺が見てるっていう」と、懐かしそうに語っていたのでした。




また、この日の「エンディング」では、「佐藤勝利」と「King&Prince・高橋海人」が出演し、「11月1日」から公開される映画「ブラック校則」の撮影現場に、「KAT-TUN・亀梨和也」から差し入れが届いたことも明かされました。同映画の「プロデューサー」が、「亀梨和也」と「山下智久」が出演していた「ドラマ」「野ブタ。をプロデュース」「日本テレビ系、2005年」の「河野英裕氏」という繋がりもあってのようですが、「佐藤勝利」は「優しい先輩ですよ」と感謝しました。

一方、「マリウス葉」は「差し入れを持っていく」と「佐藤勝利」に連絡するも、いまだに行動を起こしていないそうです。「亀梨くんみたいにできる?」と「佐藤勝利」に詰め寄られると、「そうだね、「“お祭り”」しよっか」と提案する「マリウス葉」です。「佐藤勝利」から「絶対差し入れしろよ!」と強く言われると、「マリウス葉」も「はい、持っていきます!」と約束していたのででした。

放送後は、「岸くんとジャニーさんが笑い続けてるのを見守る勝利くん。なんて平和な世界なんだ」「岸くんとジャニーさんのエピソード爆笑!心を込めて差し入れしてくださった亀梨くんの対応も素敵だね」「亀梨くんやっぱりかっこいい先輩だな~!お祭りやろうとするマリちゃんもかわいい「笑」」などの声が寄せられていました。

「岸優太」の才能を認めている「佐藤勝利」の「ジャニ―喜多川社長」への思い出に「ファン」もほっこりしますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。