平野紫耀★永瀬廉がカレーを食べる合成写真シーン★ファン意味不明&混乱した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「平野紫耀★永瀬廉がカレーを食べる合成写真シーン★ファン意味不明&混乱した」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「MEDAL RUSH」が放送されました。「9月16~20日」は「平野紫耀」が登場し、「7人制ラグビー」に「チャレンジ」しました。

番組冒頭、「ラガーシャツ」を着た「スタッフ」が「今週は何の競技かわかりますか?」と「平野紫耀」に質問します。「ラグビーですよね?」と答える「平野紫耀」に、「スタッフ」は「さすがっすね」と褒めつつ、真顔で「ただ、アーリータックルです。今のは、アーリータックルです」と指摘します。「アーリータックル」とは、「ラグビー用語」で「相手がボールを持つ前にタックルする反則」を指しているのですが、「ルール」を知らない「平野紫耀」は「すみません、ちょっとプチパニック」と困った表情をしていたのでした。




その後、「平野紫耀」が「ラグビーコート」に向かうと、いきなり選手が勢いよく「タックル」。「危ないよ~!」と衝撃を受ける「平野紫耀」の後ろから、今度は「元ラグビー日本代表」の「吉田義人氏」が大声で「おはようございまーす!」と現れ、「平野紫耀」は驚きのあまり転びそうになります。

そんな「ドタバタ」の中で練習が始まったのですが、運動神経の良い「平野紫耀」は、真っすぐに「ボール」を投げる「“ストレートパス”」、回転をかけて投げる「“スピンパス”」と「“ロングパス”」をすぐに習得します。そんな「平野紫耀」の才能を見てか、「パス」の練習中に「行け!トライだトライ!」「トライ行け!」と、「吉田義人氏」から指示が飛びます。一応「トライ」には成功したものの、「吉田義人氏」からの「“無茶ぶり”」に対し、「平野紫耀」は「急に「トライだ!」って言われても!」「ちょっと、監督」と、戸惑いを隠せません。一方の「吉田義人氏」は、「ナイス、ナイス!」と上機嫌でした。

その後、相手を抜いて「トライ」をする「“ステップワーク”」の練習でも、「走り出すときの足の向き」を教えられただけで、現役選手を見事に抜き、「トライ」を決めて見せた「平野紫耀」でした。その瞬間、周囲を「おお~!」と驚かせていましたが、「“タックル”」の練習では苦戦することになります。




そこで、「吉田義人氏」に「四つん這いでお尻を突き出した格好」をするよう指示され、「めちゃめちゃ恥ずかしい」と赤面する「平野紫耀」です。「背中がテーブル」になるような「イメージ」で、背筋を真っすぐにした姿勢を保つと、相手に力を与えやすくなると「アドバイス」をもらいます。この時、なぜか編集で「四つん這い状態の平野紫耀の背中で永瀬廉がカレーを食べる」という合成写真が登場し、「スタジオ」で「VTR」を見る「桝太一アナウンサー」からは「なぜ永瀬くん?」と、素朴な疑問が漏れていました。

最終日はいよいよ、「7分間」の試合に挑戦しました。「平野紫耀」が「ボール」を持って勢いよく「サイド」を駆け上がったり、「“ドロップキック”」を決めたりと見せ場もあり、同点で試合は終了しました。最後は、「終始テンション」が高かった「吉田義人氏」の「一生懸命頑張った平野選手を胴上げするぞ!」という一声で、選手に力いっぱい胴上げをされた「平野紫耀」でした。

放送後は「朝から声出して笑った~!急に「“しょうれん”」ブッ込まれて意味不明だったよ!?」「紫耀くんをテーブルにして食事する永瀬さんの演出、面白すぎ。完全に「ZIP!」にイジられてるね」「何だあの合成!? いきなりすぎて混乱したわ!」と、「ファン」から戸惑いの声が寄せられていました。

「ZIP!」「スタッフ」の粋な計らいで「平野紫耀&永瀬廉」の「合成写真シーン」に「ファン」も楽しめたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。