錦戸亮★退所翌日にソロ活動開始★情報解禁にジャニーズ関係者も怒り心頭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「錦戸亮★退所翌日にソロ活動開始★情報解禁にジャニーズ関係者も怒り心頭」の事をお伝えしたいと思います。

「9月30日」をもって「関ジャニ∞を脱退、ジャニーズ事務所」から退所した「錦戸亮」が、「10月1日深夜0時頃」に「公式サイト」と「SNS、YouTubeアカウント」を「オープン」し、同日正午に「CD発売」や「ツアー」の開催を発表しました。「一部ファン」も驚くほどの「スピーディー」な活動展開を見せている一方で、「脱退と退所発表から1カ月足らずの再始動によって、ジャニーズと錦戸の間にある溝が浮き彫りになってしまった」といいます。

「錦戸亮」の脱退説については、「3月7日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」で報じられたものの、「メンバー」は報道を否定しませんでした。そんな状況の中、前社長の「故・ジャニー喜多川氏」の「お別れの会」翌日の「9月5日」に、「錦戸亮」の「グループ脱退」と「ジャニーズ退所」が発表されました。「関ジャニ∞」としては、「デビュー15周年記念」の「5大ドームツアー」「十五祭」の東京公演「同3日」が最後の仕事となり、「ファン」や「メンバー」から送り出されることなく、ひっそりと事務所を離れる形となりました。




そして、「錦戸亮」は退所を迎えたと同時の「10月1日未明」に、「公式サイト」と「Twitter、インスタグラム、YouTube、中国版Twitter」「Weibo「微博」」を開設しました。同日午後には、「ファンクラブ」「NFC」と、「自主レーベル」「NOMAD RECORDS」の設立を報告しました。さらに、「11月5日」から全国「5箇所11公演」を巡る「ツアー」「錦戸 亮 LIVE TOUR 2019 “NOMAD”」を行い、「12月11日」には「アルバム」「NOMAD」を「リリース」するとのことです。

「ファン」にとっては、「錦戸亮」の退所を悲嘆していた中での発表となったため「うれしいけど、いきなりすぎてびっくり」「まだ純粋に応援できない」など、複雑な気持ちが入り乱れた「ツイート」が続出しました。

「錦戸亮」の退所は、今年の「3月頃」から、さまざまな「メディア」で盛んに報じられていたものの、「ジャニーズ事務所」は一貫して疑惑を否定してきました。ですが、退所後すぐに「ツアー日程」や「CDのリリース」などを発表できたのは、つまり「錦戸亮」が、「関ジャニ∞」の活動をしながら、「ソロ活動」の準備もしていたということです。関係者は当然のごとく怒り心頭のようです。




さらに、退所翌日に「ソロ活動」を開始することにも、「業界的に「“これが許されるのか”」といった空気が漂ってる」といいます。芸能界には「タレントは退社後、1年間活動を謹慎しなければならない」という暗黙の了解があったものの、昨今はこの「謹慎期間」という風習も瓦解されつつあります。とはいえ、多方面への配慮から空白期間を設ける人も少なくなく、「2017年9月9日」に「ジャニーズ事務所」を退所した、「元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」は、「同22日」に「3人」の「公式ファンサイト」「新しい地図」を立ち上げており、こちらは活動再開まで「12日」の「ブランク」がありました。また、同じく昨年「7月」に「関ジャニ∞」を脱退し、「12月末」に退所した「渋谷すばる」にしても、再出発を発表したのは今年「4月」でした。

「ジャニーズサイド」も退所後、「ソロ活動」を始めることを把握していたそうですし、「錦戸亮」側に圧力を掛けるつもりもなかったといいます。とはいえ、「渋谷すばる」の場合は脱退会見を実施し、「レギュラー番組」では「名シーン」や歴史を振り返る特集が組まれていましたが、「錦戸亮」には「“花道”」が用意されませんでした。「渋谷すばる」に比べ、円満な旅立ちではなかったことは明白でしょう。

用意周到な独立計画で周囲の反感を買ってしまったという「錦戸亮」です。せめて変わらず応援する「ファン」を大切にし、新たな道を切り開いていってほしいものですね。

謹慎期間を破ってまでも「ファン」に報告をしようとする「錦戸亮」の熱量には驚かされますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。