木村拓哉★Go with the Flow発売決定★ファン戦々恐々★嫁と娘は関わらないで&悲鳴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★Go with the Flow発売決定★ファン戦々恐々★嫁と娘は関わらないで&悲鳴」の事をお伝えしたいと思います。

「元SMAP・木村拓哉」が、「2020年1月8日」に初の「ソロアルバム」「Go with the Flow」を「リリース」し、「アーティスト活動」を再開します。「豪華アーティスト」との「コラボレーション」が実現する一方で、「ファン」は、妻で歌手の「工藤静香」、次女で「モデル」の「Koki,」の「“参加”」に戦々恐々としているようです。

「2016年」の「SMAP」の解散以降、「ドラマ」や映画など俳優業を中心に活躍してきた「木村拓哉」です。「2017年」に「ジャニーズ事務所」を退所し、「ファンサイト」「新しい地図」を立ち上げた「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」は主に配信で楽曲を「リリース」しているものの、「木村拓哉」や「中居正広」は本格的な歌手活動をしておらず、「ファン」の期待が高まっていました。




そんな中、「木村拓哉」は「9月29日」放送の「ラジオ番組」「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」内で、「リスナーのみなさんにお知らせしたいことがあります。これはちょっとサラッと言っちゃおうかなと思うんですけど、2020年1月、アルバム出しま~す。はい、以上で~す。終わりで~す」と、軽い「ノリ」で報告しました。「アルバム」の「リリース」にあたっては、過去に同番組に登場した「B’z」の「稲葉浩志、LOVE PSYCHEDELICO、ALEXANDROS、森山直太朗」といった「アーティスト」の影響や、「ファン」の要望が後押しとなり、「スイッチ」が入ったようです。また、「皆さんと一緒に、そのアルバムをもとにどこかで「“騒げる場所”」が持てたらいいな、みたいな。というふうに自分の中では思っています」と、「コンサート」の開催も示唆しました。

その後の報道によれば、「Go with the Flow」には「槇原敬之、Cornelius・小山田圭吾、いきものがかり」の「水野良樹、Uru」ら、錚々たる「アーティスト」が楽曲を提供しているといいます。同作は「SMAP」が専属契約を結んでいた「JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント」から発売されます。「ミュージックビデオ」の「メイキング映像」も公開され、わずか数秒の歌声を聞いた「木村拓哉ファン」からは「木村くんの声大好きだから、音楽活動うれしいよ~」「ビクターさんありがとうございます。年が明けるのが待ち遠しい。待っていてよかった」「久しぶり拓哉くんの歌声が聞けて泣けた。アルバムとても楽しみ」と、早くも歓喜の声が続出しています。

かたや、今回の発表を複雑な気持ちで見守る「ファン」も少なくありません。「木村拓哉」の周辺は、「SMAP」の解散後に環境が目まぐるしく変わり、妻の「工藤静香」が「2017年1月」に「インスタグラム」を開設したほか、昨年「5月」に次女の「光希」が「Koki,」の名で「モデルデビュー」を果たしています。その「Koki,」は幼少期から「ピアノ」と「フルート」を習っており、音楽家としても才能を発揮しています。これまでに「母・工藤静香」の「アルバム」「凛」「2017年」収録の「3曲」、「歌手・中島美嘉」の「ライブ用楽曲」「夢」の作曲を手がけ、今年「6月」発売の「三浦大知」の「シングル曲」「片隅」の作曲も担当しています。「工藤静香」にしても、「愛絵理」名義で作詞活動を行っているだけに、「木村拓哉」の「“家族”」が「アルバム」に関わる可能性があるのではないかと、「ファン」は「ヒヤヒヤ」しているようです。

現時点で、「工藤静香」や「Koki,」の関与は明らかになっていませんが、「ネット」上の「ファン」は「家族による作詞作曲、コーラスとかやめて」「アルバムジャケットのデザインなんてしないでね」「あちらさんが参加となると、購買意欲が削がれる」「木村拓哉が好きなのであって、その嫁と娘が好きなわけではない。関わらないで」「芸能人・木村拓哉の仕事に家族はいらない」と、早くも作品に懸念を抱いています。




「木村拓哉家」の家族動向には良くも悪くも強い関心が寄せられていますが、最近は「SNS」に投稿した写真が被ったことも一部で話題になっています。「工藤静香」は「9月25日」の「インスタグラム」に「今年もお彼岸に、花が咲きました」と、自宅で撮影したとみられる写真を「アップ」しています。すると「28日」、「木村拓哉」も「中国版Twitter」「Weibo「微博」」に「こんなにきれいな彼岸花が満開」といった意味の中国語とともに、絵画に見えるほど幻想的な雰囲気を醸す彼岸花の画像を投稿しました。写真は別物だとしても、「モデル」の彼岸花は同じである確率が高いでしょう。

「工藤静香、Koki,、木村拓哉」それぞれが「SNS」で私生活や家族に関連する写真や「エピソード」などを投稿する機会が多くなっています。「Koki,」は昨年「11月13日」の「木村拓哉」の誕生日に、父と思しき「シルエット」の写真を「インスタグラム」に載せ、「お誕生日おめでとう! ファンキーでカッコいいお父さんの娘に生まれて来れて本当に良かった 沢山の愛を込めて」と、祝福しました。さらに、「工藤静香」が「49歳」の誕生日を迎えた今年「4月」には、「木村拓哉」が「Weibo」で「happy birthday 拓哉」と、発信しました。名前こそ書いていませんが、「タイミング的」に「工藤静香」への「メッセージ」だと話題になり、「木村拓哉ファン」は「家庭を見せない拓哉のことをプロだなと尊敬してたけど、これはもう無理」「嫁に直接言え!わざわざWeiboで言う必要ある?」と、憤怒していました。こういった「SNS」を通じた「“家族アピール”」の前例があるからこそ、「ファン」は「アルバム」にも「工藤静香」や「Koki,」が絡んでくるのではないかと、不安に感じているのかもしれません。

「SMAP時代」から応援する「ファン」の多くは、家族丸ごとではなく、あくまで「木村拓哉」個人を支持したいという気持ちなのでしょう。果たして、「ファン」が恐れている事態はやって来てしまうのでしょうか、今後の動向に注目が集まります。

「工藤静香&Koki,」「2人」の関与だけは「ファン」も避けて欲しい気持ちでいっぱいでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。