向井康二★嵐さん以上に発言が波紋★デビュー間近もアンチ増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「向井康二★嵐さん以上に発言が波紋★デビュー間近もアンチ増加」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年」の「CDデビュー」が決まっている「9人組ジャニーズJr.内ユニット・Snow Man」です。「10月1日」発売の「週刊朝日」「朝日新聞出版」の「インタビュー」で、事務所の大先輩である「嵐」の名前を挙げた一部の発言が、「ジャニーズファン」の間で顰しゅくを買っているといいます。

騒ぎの発端は、「9月30日」に朝日新聞出版の「Twitterアカウント」が週刊誌「週刊朝日」を宣伝したことでした。「「嵐さん以上の国民的グループになる!」などと明かすインタビューも必読です」と紹介し、同社の「ニュースサイト」「AERA dot.」にも「「嵐さん以上の国民的アイドルになります!」「向井康二」」と書かれていたため、「コメント」が各方面に広まりました。

これを受け、「ネット」上では「嵐さん以上」の言葉に違和感を抱いた人たちから「軽々しく「嵐以上」って言わないでほしい」「せめて「嵐みたいに」と言って。敬意もなにも感じられない」「嵐だって簡単に国民的アイドルになったわけじゃないのに、「以上に」なんて無理な話」「もし「嵐さんのような」っていう発言であれば、「嵐ファン」が傷付くこともない」「彼らの辞書には謙虚という言葉はないの?「嵐以上」って何?」といった不満の声が上がっています。

また、「Snow Manファン」の中からも「「嵐以上」とか恥ずかしいからやめて って思ったら、案の定、向井か」「6人の時はSnow Manだからこそのパフォーマンスがかっこよかったのに、嵐超えを目指すなんて世界一ダサい」「もうそろそろ新メンバー全員の口にチャックして」と、手厳しい意見が出ていました。




「Snow Man」は今年「1月」に「向井康二、目黒蓮、ラウール」が加入して「9人体制」になりました。ですが、「オリジナルメンバー」の「6人」「深澤辰哉・佐久間大介・渡辺翔太・宮舘涼太・岩本照・阿部亮平」を応援していた「ファン」の中には、この体制に疑問を持っている人も少なくありません。今回の「向井康二」の発言に目くじらを立てているのも、「9人体制」を歓迎してない「古参ファン」のようです。

実際に「週刊朝日」を読むと、「向井康二」の発言には続きがあります。「これからの目標は」との質問に対し、「阿部亮平」が「僕は尊敬する先輩が櫻井「翔」君なので、情報番組に携わりたいです」と語り、「向井康二」は「嵐さん以上の国民的アイドルにSnow Manがなります!そのぐらいの目標でやらせていただきます」と決意を表明します。これに続き、「佐久間大介」が「そう!目標は、嵐さんのような国民的アイドルになること。全世代に愛されたいです」などと、夢を掲げています。

「「そのぐらいの目標で」「目標は、嵐さんのような国民的アイドル」という「向井康二」や「佐久間大介」の続きの言葉まで目を通すと、「嵐」を「リスペクト」しているからこその「コメント」だとわかります。今回は、「雑誌サイド」が発言を切り取って「PR」したことで、「インタビュー全体」を読んでいない「ジャニーズファン」が「向井康二」らに噛み付いてしまったのでしょう。

非難の声とは逆に、「康二の発言のどこが嵐下げなの?」「実際のインタビューを読んだらスゴく謙虚で、上を目指す姿がかっこよかった」といった擁護や、「「嵐さん以上の国民的アイドルにSnow Manがなります!」って言い切ってるところが好き。かなり頼もしいし、楽しみ」と、好意的に受け止めている「ファン」もいるようです。「嵐ファン」、長年の「Snow Manファン」が過剰に反応してしまったものの、「向井康二」にとっては悪気があったわけではないでしょう。

一方、「Snow Manメンバー」に関しては、先日も生放送の「ラジオ番組」「らじらー!サタデー」「NHKラジオ第1、9月28日放送」での「トーク」が物議を醸したばかりです。同番組の土曜「午後10時台」は、「SixTONES、Snow Man、Travis Japan」が週替りで「パーソナリティ」を担当しています。翌週に登場する「メンバー」に指令を出す「コーナー」があり、この日は前週に出演した「SixTONES・ジェシー&松村北斗」からの「“ムチャ振り”」に「Snow Man・深澤辰哉&目黒蓮」が応えることになりました。その内容は、「深澤辰哉」が「電話」で、「目黒蓮」には「コタツ」の一発芸をそれぞれやってほしいというものでしたが、「僕たち一発芸やるっていうのは聞いてた。結構、2時間ぐらいかけて僕たち2人で用意してきちゃって」「目黒」と、具体的なお題があるとは知らず、「ネタ」を考えてきてしまったと告白しました。




すると、「ここであんま言いたくないんだけど、俺ってジェシーと北斗より、先輩じゃん?」「だからちょっとそっち「自分たちで考えたネタで」いこうかなと思ってるんだよ」と、切り出した「深澤辰哉」でした。「目黒蓮」が「僕、めちゃめちゃ後輩ですけどね」と遠慮気味に言うと、「深澤辰哉」は「俺がいるから」と、豪語しました。「オンエアー」の「28日」は、「Snow Man」と「SixTONES」が共演していた舞台「少年たち To be!」の千秋楽だったため、劇中に出てくる「ラップ」の歌詞を「アレンジ」したものを自分たちの「ネタ」として披露しました。

冗談交じりに先輩風を吹かせている口ぶりだったとはいえ、「深澤辰哉」が指令を「スルー」したことが「リスナー」の怒りを買ったのでしょう。「指令無視はさすがにドン引き。しかも、理由が「俺の方が先輩だから」って」「目黒も自分が先輩だと勘違いしてるの?」「先輩なら、今までちゃんとリレー企画をつなげてきた後輩たちの気持ちを踏みにじるな」「そんなにやりたくないなら、もう「らじらー」クビでいいんじゃない?」と、主に「SixTONES&Travis Japanファン」が激怒してしまったのです。

もともと、「Snow Man」は「ジャニーズ事務所」の「滝沢秀明副社長」が可愛がっていた「グループ」で、「SixTONES」との「同時CDデビュー」は、「滝沢秀明副社長」が「Snow Manに肩入れしているから」と、穿った見方をする人もいたようです。増員後、「Snow Man」の「メディア露出」が一気に増えた点も、ほかの「Jr.ファン」は快く思っていないようで、「アンチ」が増えています。また、「向井康二」は関西出身とあって、自ら積極的に「ボケ」たりと、発言する機会が多い「メンバー」です。「Snow Man」に入って以降は、関西特有の「ノリ」とは違う「“関東の笑い”」に慣れず、「MC」で浮いてしまう場面もあり、苦労しているようです。

「5月」に行われた「コンサート」「ジャニーズIsLAND Festival」にて、「目黒蓮」や「岩本照」が個人で登場している雑誌の掲載情報について宣伝した際は、「向井康二」が「ふっかさんもいけますよ。ゲイ雑誌の連載」と「深澤辰哉」を「イジ」り、大きな騒ぎになりました。「ネット」上では「ゲイ雑誌発言は人として最低すぎる」「LGBTの問題もバカにしてると思うし、軽々しくおふざけにゲイとか使うな」と、「猛バッシング」が飛び交っていました。これ以上、「アンチ」を増やさぬよう、慎重な発言を心がけるべきかもしれないですね。

「向井康二」の発言も悪気があったとは思えませんが、今回はたまたま「タイミング」が悪かったのかも知れませんね。関西の「ノリ」で言ってしまったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。