西畑大吾★ハイテンションの藤原丈一郎に呆れ★集中して&ピシャリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「西畑大吾★ハイテンションの藤原丈一郎に呆れ★集中して&ピシャリ」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の情報番組「キャスト」「朝日放送」に、「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」が出演しました。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。

「10月2日」の放送では、「西畑大吾」と「藤原丈一郎が」、「京セラドーム大阪」にて「グラウンドキーパー」のお仕事に挑戦しました。「京セラドーム大阪」といえば、「プロ野球オリックス・バファローズ」の本拠地ですが、熱狂的な「“オリックスファン”」である「藤原丈一郎」にとって、今回は待望の「ロケ」となったようです。




「藤原丈一郎」は自前で用意した「オリックス」の「ユニフォーム」に身を包み、早くも気合十分です。「西畑大吾」が「「“バッ”」ファローズ」と言うと、すかさず「藤原丈一郎」が「「“バッ”」ファローズちゃう!「“バ”」ファローズ!」と訂正するなど、その「テンション」の高さに「西畑大吾」は「タジタジ」になっていました。

そんな「2人」は、いよいよ球場の中へ。朝「7時半」から始まった「ロケ」にもかかわらず大はしゃぎの「藤原丈一郎」と、球場の大きさに圧倒される「西畑大吾」です。まずは、人工芝の「メンテナンス」に挑戦することになりました。専用の「トラクター」で踏まれて倒された人工芝を、「ブラシ」でほぐしながら立たせていくというもので、まずは「西畑大吾」が「トラクター」に乗り込みます。次に、「藤原丈一郎」が「トラクター」を運転するも、興奮のあまり規定の道から「ズレ」ていってしまい、「西畑大吾」から「集中してください!」と「ツッコ」まれる一幕もありました。

「ピッチャーマウンド」の「メンテナンス」を行ったあと、いよいよ試合前の練習開始時間となり、選手たちが球場に現れます。「西畑大吾」と「藤原丈一郎」は、走塁練習で乱れた土を、「トンボ」を使って即座にならす仕事を担当します。最初は「2人」とも「トンボ」の使い方に慣れず「“へっぴり腰”」でしたが、「西畑大吾」が徐々に「コツ」をつかみます。一方、選手のことが気になって、なかなか作業に集中できない「藤原丈一郎」でした。




その後は、選手への「インタビュー」なども敢行し、今回は終了となりました。念願の「オリックス・バファローズ関連」の仕事に興奮冷めやらぬ「藤原丈一郎」は、「次はちょっと中まで攻めて、審判あたりやりたい!」と「第2弾」を熱望していましたが、「西畑大吾」から即座に「無理や!」と「ツッコ」まれていました。

実はこの「コーナー」の収録が行われた「9月16日」、たまたま球場へ観戦に来ていた「オリックスファン」が、「グラウンド」で奮闘する「西畑大吾」と「藤原丈一郎」を目撃しており、その様子が「SNS」上に多数投稿されていました。そのため、今回の放送を心待ちにしていた「ファン」が多かったようで、「丈くん、本当にうれしそう!よかったねえ~!」「ぜひ藤原丈一郎さんにオリックス関連のお仕事を!オリックス愛はとてつもないです!」「2人ともお疲れ様!丈くんはまたオリックスさんのお仕事できるといいね~」など、大きな反響がありました。

熱狂的な「オリックスファン」の「藤原丈一郎」に「ハイテンション」にならずに居られる訳がないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。