JUMP★台湾公演★搭乗便公表で波紋★空港が混乱する&出待ち問題は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「JUMP★台湾公演★搭乗便公表で波紋★空港が混乱する&出待ち問題は」の事をお伝えしたいと思います。

「10月5日・6日」の「2日間」にわたって、「Hey!Say!JUMP」が「台湾・台北アリーナ」で「コンサート」を開催します。本番が迫る中、現地の「イベント会社」が「メンバー」も搭乗すると思しき飛行機の便名を「Facebook」上で公表し、「ファン」の間で大きな騒ぎになりました。

「10月2日」、主催の「BIGART」が「3日」夜には「Hey!Say!JUMP」が台湾に到着すると、「Facebook」で公表しました。詳しい便名や時間帯まで記していたため、日本を出る「タイミング」も判明し、「ファン」から驚きの声が続出しました。




今年「6月、メンバー」の「知念侑李、中島裕翔、薮宏太、山田涼介」が台湾で「コンサート」の開催決定会見に出席した時は、うちわを持った現地の「ファン」などから熱い歓迎を受けていたようです。日本で「ハリウッドスター」が来日した時、空港で多くの「ファン」が待ちかねているように、「Hey!Say!JUMP」の場合も「台湾ファン」の興奮度を世間に伝えたいという狙いがあるのかもしれません。「BIGART」は昨年「9月」に「関ジャニ∞」が行った「KANJANI’S EIGHTERTAINMENT GR8EST in Taipei」も担当しており、「ジャニーズ関連」の「ライブイベント」への協力は初めてではありません。「ジャニーズ」の許可なしに、「フライト情報」を「アップ」するとは思えないのですが。

「Hey!Say!JUMP」といえば、今年「5月19日」に「ジャニーズ公式サイト」にて「アリーナツアー」の延期を報告しました。再三の注意にもかかわらず、駅や空港で出待ちする「ファン」が減らなかったことで、「アリーナ会場」での「コンサート」を「見送る」と発表したのです。その後、台湾での「コンサート実施」が明らかになると、「ネット」上の「ファン」は「日本でツアーやらずに台湾でライブとか、意味がわからない」と落胆します。また、前述の「4人」が台湾を訪れた際、空港に居合わせた「ファン」が彼らの姿を携帯電話で堂々と撮影していただけに、「空港で出待ち、写真撮影はいいわ、ファンサするわ、日本と台湾の差がスゴすぎる」「マナー守ってる日本のファンの気持ちも考えてよ」といった愚痴が漏れていました。

そして、「BIGART」側が到着時刻を「Facebook」に投稿すると、「ファン」からは「出待ちで大変なことになるに決まってるじゃん」「日本の空港でも出待ちする人が出てくるよ。これじゃあ一向にマナーが良くならない」「フットワークの軽いファンは空港行くよね?周りに迷惑かかってまた問題になる」「出待ち問題でツアーなくしたくせに、空港にファンを呼ぶなんて喧嘩売られてる」「日本と現地のやり方が矛盾してるのはついて行けない。マナーを守って、お金払って会いに行く方がバカみたい」と、怒りの声が飛び交いました。




何よりも、日本で事態を見守る「ファン」は「空港でのお出迎えとか出待ち、スゴく心配。JUMPに迷惑はかけないでほしい」「空港が大混乱にならないといいけど。台湾公演が「ファン」にも「メンバー」にとっても楽しい時間になりますように』と、「メンバー」の精神的負担や、安全面を心配していました。中には「出待ちはダメ。ファンマナーが試されてる」と、「入り待ち・出待ち禁止」を呼びかける人もいるようです。こうして、今回は「BIGART」の情報公開によって「ファン」は困惑しましたが、該当の時間帯に日本の羽田空港にいた「ファン」の書き込みによると、現場では大きな騒ぎや「トラブル」は起きていなかったようです。度重なる警告の効果が少し出てきているのかもしれません。

出発前に混乱が生じたものの、「Hey!Say!JUMP」本人たちは「3日」のうちに台湾入りし、現地で「ステージ」の準備を進めているものとみられます。ひとまず、公演の成功を願いたいですね。

台湾公演に疑問や意義があるのなら日本の「ファン」も「JUNPメンバー」に不快な思いをさせないようにすることが先だと思うのですが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。