永瀬廉★スタッフに困惑★テンションの差すごい&チクリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「永瀬廉★スタッフに困惑★テンションの差すごい&チクリ」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「MEDAL RUSH」が放送されました。「9月30日~10月4日」は、「永瀬廉」が「ゴルフ」に挑戦しました。

「ゴルフ場」を訪れた「永瀬廉」は、「スタッフ」から「今日は何だかわかる?」と聞かれ、「ゴルフでしょ」と即答します。「スタッフ」から「ナイスショット!」と言われるも、「何もしてへんよ、まだ」と冷静に返し、「す~ごいよ、ここ「俺」とここ「スタッフ」のテンションの差!」と「ツッコミ」を入れていました。




今回は、「プロゴルファー」の「平瀬真由美選手」に指導を仰ぐこととなり、促されるまま「“ティーショット”」を打ってみることになりました。ここで、「プロゴルフみたいな「“スカーン”」って映像を撮りたい」という「スタッフ」の提案で、「永瀬廉」がいる位置からはるか遠くに、「カメラ1台」を「スタンバイ」します。さらに、「10年」ぶりに「ティーショット」を打ち、見事に「ゴルフボール」を飛ばした、同番組の「月曜レギュラー・風間俊介」の映像を見るよう指示され、「永瀬廉」は「いやいやいや」「10年ぶりでこの技量ですか?」と狼狽します。そして「絶対、見ない方が良かった!」と、執拗に「プレッシャー」をかける「スタッフ」に苦言を呈します。

その後、「ティーショット」に挑戦するも、見事に空振りします。ですが、「永瀬廉」は何事もなかったかのように「素振りですけど?」といい、「ナレーション」で「風間先輩、聞いてください。永瀬はこういう嘘をつきます」と「イジ」られることになります。「スタジオ」でこの「VTR」を見ていた「風間俊介」は、「うん、わかってたよ。素振りだよね?」と「フォロー」したのでした。

基礎から学ぶことになった「永瀬廉」は、まず「ハーフスイング練習」に挑戦します。「ゴルフクラブ」を確実に「ボール」へ当てるため、狭い幅で「スイング」をするというものですが、「永瀬廉」はすぐに感覚を掴み、「平瀬真由美選手」から「あなた上手!すぐ上手になるよ!」とおだてられます。すると、「永瀬廉」は「ゴルフクラブ」を大きく「スイング」し始め、すかさず「平瀬真由美選手」が「調子に乗っちゃダメ!」と注意します。それでも「永瀬廉」は、「楽しくない?ゴルフ」と笑顔を浮かべ、積極的に練習していました。




続く課題が「アプローチ」だと聞くと、「永瀬廉」は「「Wii sports」「任天堂のゲームソフト」でそれはやってきたんで」と、かなり自信満々です。「説明なし?大丈夫?」と「平瀬真由美選手」を戸惑わせていたものの、「Wii sports」の効果があったのか、すぐに上達します。その後も「バンカー」や「パター」の練習を積み、いよいよ「コースデビュー」しました。

「10打」で「ゴール」することを目標に、「初ショット」を打った「永瀬廉」です。予想以上に飛距離が出て「すげえ!」と喜んでいましたが、「平瀬真由美選手」から「飛んでる飛んでる。「“ミスショット”」であれですからね」と「サラリ」と言われてしまい、「俺、大成功ショットなんですけど!?」と苦笑いの「永瀬廉」でした。そんな「スタート」だったにもかかわらず、目標より「1打」少ない「9打目」で「ボール」を「カップ」に沈め、「永瀬廉」は「バーディー!」と大喜びします。「楽しいっすね!」と感想を述べ、すっかり「ゴルフ」に「ハマ」ったようでした。

この放送に「ファン」からは、「スタッフさんのれんれんイジり最高。そして風間先輩の優しさに泣きました」「廉くんの上達スピードに驚き!私もゴルフやってみたい~!」「スタッフさん・平瀬さんと楽しそうにコミュニケーションする廉くん、すごくよかったなあ」といった声が寄せられていました。

冷めた「スタッフ」の雰囲気に「永瀬廉」も呆れたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。