稲垣吾郎★BISTRO J_O&J_O CAFE監修★ビストロSMAP&中居正広&木村拓哉メニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「稲垣吾郎★BISTRO J_O&J_O CAFE監修★ビストロSMAP&中居正広&木村拓哉メニュー」の事をお伝えしたいと思います。

「10月4日、元SMAP・稲垣吾郎」が「ディレクション」を務める「レストラン&カフェ」「BISTRO J_O」「ビストロ ジョー」と「J_O CAFE」「ジョー カフェ」が、「東京・銀座」に「オープン」しました。「SMAP」といえば、長らく続いた「SMAP×SMAP」「フジテレビ系」の「料理コーナー」「BISTRO SMAP」が知られていますが、「BISTRO J_O」には、それを連想させる「メニュー」が存在するといいます。「ファン」からは「テレビで見てたビストロに行ける日が来るなんて夢みたい」「ファンがビストロに行ける機会を作ってくれたことがありがたい」と、感激の声が続出しています。

「2017年9月」に「ジャニーズ事務所」を退所し、「草なぎ剛、香取慎吾」と共同の「公式ファンサイト」「新しい地図」を立ち上げた「稲垣吾郎」です。「元SMAP」の「チーフマネジャー・飯島三智氏」が彼らの「マネジメント」を担当しており、「3人」それぞれが音楽活動や「映画・舞台」などで活躍しています。昨年「8月」には、洋服好きの「香取慎吾」が「ディレクション」する「アパレルショップ」「JANTJE_ONTEMBAAR」が「帝国ホテルプラザ1階」に誕生しました。「レストラン&カフェ」はその「“friendshop”」であり、「稲垣吾郎」自身がお店で出す料理や「ワイン」を「セレクト」するといいます。




「オープン」が発表された際、「稲垣吾郎」は「食を通じてお客様が笑顔になれるような、僕自身のこだわりが詰まったお店になればいいなと思います。僕の夢がひとつかないます」と「コメント」していましたが、「ファン」にとっても「“夢がかなう場所”」になったようです。「公式サイト」の「メニュー」や、さっそく同店を訪れたお客さんの「レポート」を目にした「ファン」の間で、驚きの声が広がっています。

「10月」の「メニュー」の中に「茶碗蒸し仕立てのクラムチャウダー」があるのですが、「ファン」ならば自然と「中居正広&木村拓哉」を思い浮かべてしまう一皿のようです。まず、「クラムチャウダー」は「中居正広」の好物ですし、「サイト」によると、「スープ」の下には「出汁の効いた茶碗蒸し」が隠されているようです。実はこれ、「木村拓哉」が得意としていた料理法で、「BISTRO SMAP」で何度も「ゲスト」に作っていました。また、お店で実際に食べた方の情報では、茶碗蒸しのほかに「ウニ」とすだちが別皿で提供されたそうです。すだちも、「木村拓哉」がよく料理に添えていたものです。「木村拓哉」自身が「ゲスト」になった「シャッフルビストロ」「2015年放送」では、好みに合わせた「パスタ」を作った「稲垣吾郎」が「木村くん、すだち好きですから」と話していたくらいで、「メンバー」と「ファン」の中では、「すだち=木村拓哉」になるようです。

同店を「サポート」するのは「BISTRO SMAP」で料理協力をしてきた「服部栄養専門学校。長年、同コーナー」を支えてきた「チーム」がいるからこそ、実現した「メニュー」なのでしょう。ほかにも、「オートレーサー」に転向するため、「1996年」に「グループ」を脱退した「元メンバー・森且行」を想起させる一品もあったようです。




「森且行」が作っていた「海老パン」です。そもそも「BISTRO SMAP」は、料理上手だった「森且行」を「メイン」に据えて始まった「コーナー」でしたが、番組開始直後に脱退してしまい、「中居正広」以外の残る「メンバー」で「ペア対決」を行うようになりました。「海老パン」は「メンバー」にもおいしいと評判で、「森且行」にとって最後の「BISTRO SMAP」となった「1996年5月27日」の「オンエアー」でも、「海老パン」を振る舞っていたようです。当時を知る「SMAPファン」ならば「“海老パン=森且行”」という「イメージ」も強いですから、「BISTRO J_O」で提供していると聞き、感動してしまいました。

「ネット」上でも、「スープの下に茶碗蒸しといえば、木村くんしか思い浮かばない」「スープが2層式&すだちで味に変化をつけるのは木村シェフそのもの」「海老パンと茶碗蒸し入りクラムチャウダー!? ビストロでは絶対食べたい2大メニューじゃん」「茶碗蒸し仕立てのクラムチャウダーは中居・木村メニュー。マジでビストロSMAP」「森くんも存在する。ビストロSMAPは、6人で作り上げていったんだもんね」と、興奮気味の「コメント」が相次いでいます。

開店初日は「飯島三智氏」が顔を出し、「テーブル」を回ってお客さんに挨拶していたといいます。喜んでいる「ファン」のためにも、長く続くお店になることを願いたいですね。

「ファン」の思い出が詰まった「メニュー」が目の前に広がれば感動の嵐になるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。