関ジャニ∞★新体制5人★神回&切ない★ファン悲喜こもごも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★新体制5人★神回&切ない★ファン悲喜こもごも」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」が、「10月5日」に放送されました。「錦戸亮」が「9月30日」に「ジャニーズ事務所」を「退所、関ジャニ∞」からも脱退し、「5人体制」になってから初めての放送回となりました。そんな今回は、「メンバー全員」が登場し、「新コーナー」「関ジャニ∞BASE」が行われました。

「週末の朝にメンバーがたまり場に集まる」という設定で、さまざまな「ゲーム」を楽しむこの「コーナー」です。今回は「ぼっちっちはお前だ〜!」と題し、「5枚」の「カード」を「ランダム」に振り分け、「1枚」だけ違う言葉が書かれた「カード」を持っている「“ぼっちっち”」な「メンバー」を探り当てたら勝利、という「ゲーム」に挑戦しました。




「村上信五、安田章大、大倉忠義、丸山隆平」が「村上」と書かれた「カード」を持ち、「横山」と書かれた「カード」を持った「横山裕」が「“ぼっちっち”」になります。口火を切ったのは「丸山隆平」で、自身が持つ「カード」である、「村上信五」の印象について「すごいとは思うけどね」と告白します。続けて「「“伸びてるなー”」って思うけどね。年々伸びてるなー」と、「村上信五」の仕事ぶりが年々「レベルアップ」していると称賛しました。すると、「横山」「カード」を持っている「横山裕」は、「丸山隆平」が自分のことを言っていると思ったらしく、素直に「伸びてる?」と困惑した様子を見せます。

その後も、「丸山隆平」は「村上信五」について「尊敬してるよ、正直言うと。世間もこれについてどう捉えているか聞いてみたい」「俺は好き。単純に好きよ」と話したのですが、すっかり自分のことだと思っている「横山裕」は、まんざらでもない表情です。「安田章大」も「器用そうに見えるけど、不器用なところは不器用やなっていう印象はあるかな?」「過去があって今があるやな」と語り、「大倉忠義」は「オンリーワンよね」と司会業や「バラエティ番組」で活躍する「村上信五」を手放しに称賛しました。

ここまでの流れで、「メンバー」が称賛している人物は、完全に自分だと思っている「横山裕」です。一方で、「横山裕」以外の「メンバー」は全員、「“ぼっちっち”」が「横山裕」だと予想していました。そのため、「横山裕」以外の「4人」は、手持ちの「カード」を早く見せたがっていましたが、「横山裕」は「そんなんだったら、俺滑稽すぎる!」「俺は安田やと思ってねんけど!」と主張します。さらに「これで「自分が」ぼっちだったら切なすぎるって!」と、今まで褒められている人物が自分ではないと認めたくない様子です。結局、全員の「カード」を確認し、自分が「“ぼっちっち”」だとわかった「横山裕」は「え~!?」と絶叫し、「メンバー」は大爆笑しました。




その後、「横山裕」は「丸山が「好き」って言ったの、ちょっとうれしかった」「「年々伸びてる」のも、トランペットのことを言ってるのかなって」と、すべて自分のことに当てはめ、内心喜んでいたことを告白します。結局、「横山裕」の「“ぬか喜び”」だと判明したのでした。

この放送に「ネット」上では、「今日の「クロニクル」まじで神回!何より5人が楽しそうなのがよかった。5人でしっくりきた」「最高な5人。これからもずっと応援する!」という、新体制になった「関ジャニ∞」を絶賛する「コメント」が続出しました。その一方で、「すごく面白かったけど、亮ちゃんにもいてほしかったなあ。みんなが楽しそうだと、ちょっと切ない」「「クロニクル」見たけど、やっぱりまだ5人の関ジャニ∞が受け入れられない」など、「錦戸亮」の存在を懐かしむ「コメント」も多く見られました。

まだ「ファン」の胸中には「錦戸亮」脱退の後遺症が続いているようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。