濵田崇裕★秋山寛貴からずっと変&おかしいの指摘★ドッキリ企画で珍行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「濵田崇裕★秋山寛貴からずっと変&おかしいの指摘★ドッキリ企画で珍行動」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の冠番組「エージェントWEST!」「朝日放送」が、「10月5日」深夜に放送されました。同番組は、「ゲスト」の「“ささやかな願い”」を叶える「トークバラエティ」で、先週に引き続き、「お笑いコンビ」の「ドランクドラゴン・鈴木拓」が出演しました。

「鈴木拓」の「ささやかな願い」とは、「ゲーム「荒野行動」で対戦して負けた、後輩芸人のハナコ・秋山寛貴にふざけてゲンコツをしたら、ムッとした顔をしていたので、どう思っているのか本心を知りたい」というものでした。この願いを叶える「ロケ」は、すでに「濵田崇裕」が実行済みですが、「ゲスト」が「ロケVTR」を見るには、「WESTメンバー」が出したお題に答えなければなりません。




今回は、「鈴木拓」自ら「芸能界最強」だと豪語する「手押し相撲」で「WESTメンバー」と対決したのですが、「鈴木拓」があっさり「重岡大毅」に負け、爆笑が巻き起こります。さらに「鈴木拓」の提案で、歯磨きをしながら「トーク」を行うなど、この日も見どころ満載の内容になりました。

その後、「鈴木拓」がすべてのお題に答えたため、「濱田崇裕」の「ロケVTR」を見ることになります。「秋山寛貴」の本音を聞き出すため、「濱田崇裕」は「ニセ番組」の「ディレクター」に扮し、打ち合せをするという設定で、「鈴木拓」の依頼に臨みます。「秋山寛貴」の心を開くため、相手のしぐさや表情を「マネ」する「ミラー効果」や、「苦楽を共にして仲間意識を持たせる」といった心理作戦も準備して、いざ実行へ。

ですが、「秋山寛貴」を前にした「濱田崇裕」は緊張していたのか、「30分以上」時間が経ってから、ようやく「苦楽を共にする作戦」を実行します。「クーラー」が壊れた猛暑の中、なぜか「秋山寛貴」と一緒に「“筋トレ”」をしようとする「濱田崇裕」に対し、「VTR」を見ていた「WESTメンバー」は、口々に「ちょっと間違えてる気するけどなあ?」「意味わからない!」と「ツッコミ」ます。最初は「筋トレ」を始めた「濱田崇裕」に戸惑っていた「秋山寛貴」」ですが、いつの間にか心を開いたようで、「2人」の会話が増えてきます。




ここでようやく、「濱田崇裕」は「ゲーム」の話題に持ち込むことに成功します。「鈴木拓」の名前も引き出し、結局、「秋山寛貴」は「ゲンコツ」について「何とも思ってない」ことが判明します。作戦は成功し、ここで「秋山寛貴」に「ネタ」ばらしします。「ディレクター」に扮していた「濱田崇裕」が正体を明かしたものの、まったく「ピン」と来ていない様子の「秋山寛貴」です。「濱田崇裕」があらためて自己紹介をすると、慌てて立ち上がった「秋山寛貴」は「見たことありますもん!」と驚いていました。

実は「秋山寛貴、濱田崇裕」に終始怪しさを感じていたらしく、「ずっと変ですよ」「ずっとおかしかった」と「バッサリ」。特に「濱田崇裕」が口にしていた「バカな画面」という言葉が気になったそうで、「「“バカな画面”」って言う人は、あんまり面白いディレクターじゃない」と断言し、「濱田崇裕」は苦笑いするばかりです。「“仕掛け人”」でありながら、「ターゲット」の「秋山寛貴」から本気の説教を受ける「濱田崇裕」でした。

自分では気づかれていないようでも相手には分かってしまうのが「ジャニーズアイドル」の宿命なのかも知れないですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。