SixTONES★パンツ露出★ジャニーズファン紛糾★下品で不快

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「SixTONES★パンツ露出★ジャニーズファン紛糾★下品で不快」の事をお伝えしたいと思います。

「ヤンチャ系」の見た目や、「トーク力」の高さを武器に、現在の「ジャニーズJr.」で「トップクラス」の人気を誇っている「6人組ユニット・SixTONES」です。「10月4日」に放送された「ザ少年倶楽部」「NHK BSプレミアム」内での「“パンツを見せる”」「パフォーマンス」が、「ネット」上で賛否両論を呼んでいます。「メンバー自身」が「ズボン」を何度も上げ下げして「赤いパンツ」を露出する仕草について、「ジャニーズファン」の反応は「下品で気持ち悪い」「かっこいい!」と、真っ二つに割れてしまいました。

問題になっているのは、彼らの新しい「オリジナル曲」「RAM-PAM-PAM」です。「6人」は「ゴム部分」に「SixTONES」の「ロゴ」が入ったお揃いの「赤いパンツ」を履いており、「サビ」などで「リズム」に合わせて「チラ見せ」する「シーン」があるのです。ですが、これは衣装用の「“見せパン”」でした。「9月」に「東京・日生劇場」で上演された舞台「少年たち To be!」でも披露し、同舞台の会見で「メンバー」の「ジェシー」は、「衣装の下着」だと話していました。




そんな中、「ザ少年倶楽部」を見た「Jr.ファン」からは「SixTONES、本当に気持ち悪くない?あんなのがジャニーズなの?」「曲はカッコいいのに振りが気持ち悪い」「下品すぎてマジでありえない。謝罪レベルでしょ」「下品で気持ち悪いからやめてほしい。不快だし、後輩にも悪影響」「曲がとても良いだけに残念」といった「ドン引き」の声が続出しました。もともと、「SixTONES」は曲中に腰を振る「ダンス」などを取り入れ、色気を売りにしている「グループ」でもあるのですが、今回は少し過激すぎてしまったのかもしれません。

「SixTONES」の「パフォーマンス」を受けて、過去の似た事例を思い出した「Jr.ファン」も少なくないようです。「女性アイドル」の例ではありますが、「AKB48」の楽曲「スカート、ひらり」「2006年発売」で、「ダンス」中に「スカート」の中の「ブルマ」が見えることなどから、一部で「パンツ見せ集団」と揶揄されたことや、「乃木坂46」の楽曲「おいでシャンプー」「2012年」で「メンバー」が「スカート」を自らまくり上げる動きをして、批判が噴出、後に振り付けが変更になったことが掘り返されています。

ですが、対照的に「SixTONESファン」は「これを下品だと言う人は、単純に嗜好が合わない」「パンツ見せすぎなのに隠しきれない上品さ」「攻めのスタイル完璧じゃん。アイドルが王道じゃないといけないって誰が決めた!?」「これだけの独自性であの曲を歌いこなせるグループはジャニーズにそういない」「どのデビュー組とも被らない新境地」と、絶賛しています。




「SixTONES」といえば、「2020年」に「Snow Man」との同時「CDデビュー」を控えている「グループ」です。人気が高い一方で、「Jr.ファン」の中でも一定数の「“アンチ”」が存在しているといいます。

彼らは「8月」まで「YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」を担当していましたが、参加している「5組」の合同企画において、「他グループ」に対する言動がひどいと、物議を醸しました。主に「田中樹」や「松村北斗」らが後輩の「Jr.」に無茶振りする様子がひんしゅくを買い、「ストは全然面白くない。むしろ邪魔」「ただのイジメ」「ストの高圧的な態度が嫌」と、「ブーイング」が飛び交ったようです。このほか、「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系、9月5日放送」で、大先輩の「嵐・櫻井翔」を「イジった」場面は「嵐ファン」の間で大不評でした。舞台「少年たち」でも、劇中で「松村北斗」が客席の後列に座る「ファン」に向けて「後ろの人は徳を積まなかった奴ら」と発言し、「調子に乗ってる」と非難の声が相次いだばかりです。熱狂的な「ファン」を擁していますが、その裏で着実に否定派も増えています。とはいえ、今回の「パンツ見せパフォーマンス」は、そもそも「SixTONES」を快く思っていない「ファン」だけでなく、「グループ」を好意的に見ている人ですら「シラ」けさせてしまったようです。

また、「10月6日」放送の音楽番組「Love music」「フジテレビ系」で、近日公開予定の「SixTONES」の歌唱映像が流れた際、「ザ少年倶楽部」と同じ衣装を着ていたため、「RAM-PAM-PAM」を歌う可能性が高まっています。「ネット」上では「地上波でやるのはやめたほうがいい」「家族で見ると、気まずさしかない」と懸念の声も出ていますが、今後は前述の指摘によって振り付けの変更は行われるのでしょうか。

「2020年デビュー」を前に「アンチ」を増やしてしまうような「パフォーマンス」はできるだけ避けておきたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。