安田章大★お前、そっち側やんけ★大倉忠義がギターテクニックをプロだと認めた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「安田章大★お前、そっち側やんけ★大倉忠義がギターテクニックをプロだと認めた」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム 完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「10月6日」の放送は、「音楽プロデューサー」で「JUN SKY WALKER「S」」 の「ベーシスト」である「寺岡呼人」、「TRICERATOPS」の「ボーカル&ギター・和田唱」、「ピアノ弾き語りソロアーティスト・日食なつこ」を迎え、「弾き語り特集」が行われました。そんな中で、「安田章大」の「“ギターテクニック”」に「ファン」の注目が集まりました。




「和田唱」は「弾き語りがかっこよくなる凄技」として、指で弦を叩き「リズム感」を出す「ストリングス・ヒット」を紹介します。「アコースティックギター」の弦を叩きながら弾くことで、音楽の中に打楽器のような「リズム」が生まれ、「ストローク」だけで弾くときよりも「ノリ」がよく、「ポップ」な雰囲気になるのだといいます。

すると「村上信五」が「ヤスは普段、ストリングス・ヒット使うやんか」といい、「安田章大」も「たまに弾いたりしますね」と認めます。独学でこの技術を習得したという「安田章大」を、「村上信五」が「ちょっとヤス、聞いてもらったら?」と促すと、「丸山隆平」や「大倉忠義」も「聞いてもろたら?」「1回聞いてもらい」と後押しします。急きょ、「スタジオ」で「安田章大」の演奏を披露することとなりました。

普段のように軽い「タッチ」で演奏し、「こういうふうに「“遊び”」でするんで」と謙虚な「安田章大」でしたが、「和田唱」の提案で、「宇多田ヒカル」の「Automatic」「1998年」を即興で演奏する展開になりました。突然の提案だったため、「スタッフ」が楽譜や「マイク」を慌ただしく用意し、「すっげーライブ感やな!」と「横山裕」も驚きました。




「安田章大」は「難しい!」と叫びつつも、かなり本格的な演奏をしており、「和田唱」は「結構いい線行ってますよ!」と称賛します。「メンバー」からも「すぐできんねやもん!」「いや、すごいよな~」と感心の声が上がり、身を乗り出して「安田章大」の演奏を聞いていた「大倉忠義」は、「お前、そっち「ゲスト」側やんけ!」と「“プロ顔負け”」だと「ツッコミ」がありました。思いがけず、「ギター」の実力を見せつけた「安田章大」でした。

この放送に「ファン」からも、「ヤスのギター、超カッコいい!弾き語りライブツアーやりませんか!?」「もともと上手なことは知ってたけど、即興でここまでやるとは。さすがです!」「やっぱりギター持った安田くんは無敵。メンバーがみんな褒めてたのも素敵だったなあ」などの声が集まっていました。

「安田章大」の才能に「メンバー」も度肝を抜かれたようですね。



SNSでもご購読できます。