長尾謙杜★まいジャニで連呼し続けた★チュピチュピの意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「長尾謙杜★まいジャニで連呼し続けた★チュピチュピの意味」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が出演し、毎回さまざまな「テーマ」で「トーク」を展開する「バラエティー番組」「まいど!ジャーニィ~」「BSフジ」です。「10月6日」の放送は、先週に引き続き「関西発・注目の若手漫才師スペシャル」として、「関西Jr.内ユニット」「なにわ男子」が登場しました。「ゲスト」に、若手漫才師の「ラニーノーズ、紅しょうが、ヒガシ逢ウサカ」が出演しました。

番組冒頭、「ヒガシ逢ウサカ」が「コント」「子育て」の一部を披露します。「ボケ」の「今井将人」が、「“赤ちゃんをあやすおもちゃの動き”」を、首を小刻みに振りながら「チュピチュピ」と言って「マネ」し、これに「なにわ男子」は大爆笑します。続けて、些細なことにも絶叫して「“驚きすぎる男”」を「今井将人」が演じる、「コント」「驚きすぎる男」を見せると、「高橋恭平」が「僕たちもちょっとやりたくなってきた」といい、「なにわ男子」もそれぞれ「“驚きすぎる男”」を実演してみることになりました。




「メンバー」が順番に絶叫しながら驚く姿を見せ、「スタジオ」では大きな笑いが巻き起こります。そんな中で「長尾謙杜」は、「子育て」「ネタ」の「チュピチュピ」を引用し、「“驚きすぎる男”」を熱演します。これには「ヒガシ逢ウサカ」も「いい!」「僕らの面白いところ全部詰まってる!」と感心していました。

さらに番組後半では、「ラニーノーズ、紅しょうが、ヒガシ逢ウサカ」の「3組」が、「なにわ男子」の中から「1人」を指名して「トリオ」を組み、「即興漫才対決」を行うことになりました。「ラニーノーズ」は「大橋和也」、「紅しょうが」は「藤原丈一郎」、そして「ヒガシ逢ウサカ」が「長尾謙杜」を指名し、この日限りの「漫才トリオ」が誕生しました。

「3組」とも「祭り」という「テーマ」で即興漫才を作り、最後に「ヒガシ逢ウサカ・長尾トリオ」が登場しました。「長尾謙杜」は屋台の店主を演じ、本家をしのぐ「キレ味」で「チュピチュピ」を披露していました。さらに「ネタ」中、「ここ通販No.1だよ!」という「長尾謙杜」の「“アドリブ”」が飛び出し、「ツッコミ」の「高見雄登」を驚かせる場面も見られました。結果、「ヒガシ逢ウサカ・長尾トリオ」が「3組」の中でもっとも観覧客からの支持を得て、見事優勝しました。「長尾謙杜」は「もうホンマ、チュピチュピです!」と、意味不明な言葉で喜びを表現していました。




最後にご褒美として、「3人」は「30秒の自由時間」をもらったものの、ここでもやはり、終始「チュピチュピ」で押し切った「長尾謙杜」でした。ですが、「高見雄登」は「今日の放送見た人、一生「“チュピチュピ”」覚えてると思う!」と「長尾謙杜」の「インパクト」を評し、宣言としては申し分ない活躍をしたようでした。

この日放送を見ていた「ファン」は、「今日は長尾くんのチュピチュピでずっと笑ってたわ~!」「お笑いの才能あるんじゃない!? アドリブまでできるとかすごい!」「かわいい顔して体張って笑いを取る長尾くん、さすがすぎる「笑」」など、「長尾謙杜」の活躍に多くの反響が寄せられていました。

「関西Jr.」だけあって笑いの「ツボ」を心得ている「長尾謙杜」には脱帽ですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。