三宅健★愛なんだ番宣の舞台裏★力を持った人間になった&気付いた訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★愛なんだ番宣の舞台裏★力を持った人間になった&気付いた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「10月7日」深夜の放送回では、「9月23日」に放送された「V6の愛なんだ2019」「TBS系」に合わせて行われた「“電波ジャック”」について語りました。

この日、「リスナー」から「「V6の愛なんだ2019」、今年も最高でした!毎年放送日に電波ジャックをしていますが、待ち時間って何をされているのでしょうか?」と、朝から夕方まで情報番組に出演し続ける「“電波ジャック”」への質問が寄せられました。これに、「いつもは空き時間があったら何しようかと考えるんですけど、3日連チャンで寝てないみたいな感じだったので、空き時間は寝てました」と、楽屋とは別に用意された布団が敷いてある部屋で寝ていたと明かしました。




また「三宅健」は、仮眠をとった後は「スタッフ」とともにご飯を食べに行ったらしく、「この日が祝日でお店がやってなくて、中華か鉄板焼きかっていう2択で。でも、どちらにするか決まんなくて」と、店を決めるのに時間がかかったと語り、結局は中華料理店に行ったとのことです。

ですが、中華料理店には「メニュー」がたくさんあり、ここでも「スタッフ」がなかなか「メニュー」を決められなかったと告白します。そんな中、「三宅健」が目をつけたのは、「3,000〜4,000円」もする「北京ダック」の「セット」だったといいます。「「頼みなよ」とか言われたんだけど、誰も3,000円、4,000円のメニューを頼む人がいないから、ひとりだけ贅沢しているみたいで、なんか嫌だなと思って」と、「スタッフ」がお金を払う会食だったため、本当は「北京ダック」を食べたいのに遠慮をして「牛肉のあんかけそばにした」と語りました。

ですが、その仕方なく選んだ「牛肉のあんかけそば」が「めちゃくちゃ大当たりで、すげーおいしくてさ!肉のあんかけ、でちょっと甘辛いソースでパクチーが入っててすっごいおいしかったの」と、「三宅健」と同じ「メニュー」を頼んだ「スタイリストアシスタント」の子と「これおいしいね!イェーイ!」と思わず「ハイタッチ」をしたとを興奮ぎみに報告しました。ですが、後に「スタイリストアシスタント」は「パクチー」が苦手だったとのことが判明したと語ったのでした。




さらに、「三宅健」はそれを見ていた「男性スタッフ」に「「アシスタントの子は」パクチー入ってて嫌だなって思ったけど、健にハイタッチを求められて、そこは致し方なく「“イェイ”」ってやったんだろうね」と言われたと話し、「そうかと。そういう時に下の年齢の人が、「私、パクチー嫌いなんです」ってことが、言えないような立場に なんていうの?そういう力を持った人間になっちゃったんだなと思いましたね」「自分のポジションが、そういう位置にきちゃってんだなってことを、まざまざと感じる瞬間でしたよ」と、年下の子に気を使わせる立場になったことをしみじみと語ったのでした。

この放送に「ネット」上では、「三宅さんにハイタッチ求められたら、内容はともかくとりあえず手を出しちゃうのでは?」「私もハイタッチしたいわぁ」「スタイリストのアシスタントの女の子とハイタッチしたとか無理「笑」」などの「コメント」が寄せられていました。

「三宅健」本人が気づかないうちに「ビッグアイドル」になってしまっていることを痛感したようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。