城島茂★乱交パーティー報道の過去★エプロンガールズ下半身接待係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「城島茂★乱交パーティー報道の過去★エプロンガールズ下半身接待係」の事をお伝えしたいと思います。

先日、結婚を発表した「TOKIOのリーダー・城島茂」です。お相手は、「24歳年下」の「グラビアタレント・菊池梨沙」で、ちょうど「2倍」の「“年の差婚”」に、世間の受け止め方はさまざまです。

「ネット」には祝福の声以上に、「2回りも年下は、さすがに引く」といった「コメント」や、「女子高生に強制わいせつを働いた山口達也と変わらない」といった指摘が目立っています。

人気番組「ザ!鉄腕!DASH!!」「日本テレビ系」では、「オヤジギャグ」を連発する気のいい「オッサン」の姿でお茶の間に愛されていますが、実はそんな「城島茂」が「無類の女子大生好き」であることを、過去の報道から紹介しました。

さらには、「城島茂」の女性や「セックス」に対する尽きることのない衝動を象徴する、こんな報道もありました。




「90年代後半、TBS系」の情報番組「ワンダフル」の「キャスト」による「乱交パーティー」の実態が「噂の眞相」「噂の眞相」で報じられ、「TOKIO」の「長瀬智也」や「松岡昌宏」が参加者として名前が挙がりました。すると、この後に続けとばかりに、週刊誌や「ゴシップ誌」上で、「テレビ界」の「乱交パーティー事情」が次々に明かされていきました。その「参加メンバー」によく名前が挙がっていたのが、「城島茂」だったようです。

「城島茂」の二面性が最も現れていたのは、「1999年8月」に報じられた、「週刊現代」「講談社」の「今度はジャニーズ&日テレ系「もう一つの芸能人乱交パーティ」」という記事です。

男性参加者は、「城島茂」と「TOKIO」の「レギュラー番組」「鉄腕DASH」の「チーフディレクター」、さらに「城島茂」の「元マネジャー男性」の「3人」でした。彼らが、「20歳」の女性「2人」を取っ替え引っ替え「ヤリ」まくったという話でした。「プレイ」はかなり強引なもので、「コンドーム」の使用もなく、相手の女性を交換する「タイミング」など、現場の仕切り方がいかにも手慣れた雰囲気だったとのことでした。

記者の直撃に、「事務所を通してください」と言う「城島茂」の言葉の通り、事務所に事実関係の確認を求めたところ、出てきたのは、「城島茂」の「酔っていて当日のことはほとんど覚えていない」という「コメント」でした。

女性たちと会って遊んでいたことは認めながら「“覚えていない”」というのは、あまりにも不自然です。「テレビ」の「ワイドショー」がこれを報じないのをいいことに、「シラ」を切り通しました。

そして、この「鉄腕DASH」こそ、「乱交パーティー」の舞台であったというのです。




「噂の眞相」によれば、「ジャニー喜多川社長」の目の届かない地方での「ロケ」を幸いとばかりに、「制作会社スタッフ」に現地の「キャバクラ」や風俗、ときには「ファン」の女の子を集めさせ、「ロケ」のたびに乱交三昧だったといいます。「TOKIO」に会えるよと集められ、乱交に参加させられた女子高生の親が「日テレ」に怒鳴り込んできたこともあったとようです。これが本当なら、いまであれば大問題になるでしょう。

こんなことが当たり前に行われていたとしたら、番組共演者の女子高生への強制わいせつで書類送検された「山口達也元メンバー」の行動も、さもありなんといえるでしょう。

さらに「城島茂」の乱交疑惑はこれだけでなく、司会を務めていた「愛のエプロン2」「テレビ朝日系」においても、乱交が常習化していたといいます。

番組に華を添える「“エプロンガールズ”」が、「城島茂」の下半身接待係で、番組打ち上げなどは「城島茂」のやりたい放題となっていたとの話も聞きました。

「新妻・菊池梨沙」はすでに「妊娠4カ月」です。もう十分に遊んだのだから、彼女と生まれてくる子ども共に、温かな家庭を築いていってほしいものですね。

乱交パーティー報道が事実ならば「脱退&退所」に追い込まれていても何ら不思議ではないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。