二階堂高嗣★宮田俊哉のバーター扱いに激怒★有吉の壁★出演裏話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二階堂高嗣★宮田俊哉のバーター扱いに激怒★有吉の壁★出演裏話」の事をお伝えしたいと思います。

「10月9日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・横尾渉」と「二階堂高嗣」が登場しました。「2日」に放送された「有吉の壁 次世代笑いの新生は誰だ!? 爆笑企画も続々 最強お笑い祭り!」「日本テレビ系」に、「二階堂高嗣」が「“予告なく”」出演した経緯について明かされました。

今年に入り、「藤ヶ谷太輔、北山宏光、玉森裕太」という、いわゆる「“前3人”」が役者仕事で忙しいのに対し、「まったくですね まったくです」と、「ドラマ」や映画、舞台の「オファー」がないと嘆いた「二階堂高嗣」でした。そこで「バラエティのほうはよく見かけますよ。「有吉の壁」とかね」と「横尾渉」が「フォロー」を入れたものの、「二階堂高嗣」は「あれはもう、テレビ欄にも載ってなくて、僕」と「ポツリ」。「メンバー」の「宮田俊哉」と一緒に出演したのですが、「宮田俊哉」は出演が事前に告知されていた一方、「二階堂高嗣」については名前すら触れられていませんでした。「横尾渉」も「正直言っていいですか?宮田俊哉が出るっていうのは知ってたんですよ」といい、「二階堂高嗣」の登場に驚いたようです。




「二階堂高嗣」と「宮田俊哉」は「なりきりの壁を越えろ!ご本人登場選手権」という「コーナー」で、「Kis-My-Ft2」に扮する芸人の「パフォーマンス」のあと、「本人登場」という形で登場しました。ですが、「二階堂高嗣」は自身が出演することに対して「弱くない!?」と不安があったそうです。実際、「MC」を務めていた「有吉弘行」から「宮田くんはわかるけど、どれが本物かわからない」などと言われる一幕もあったようです。

「二階堂高嗣」によると、この出演は「“急きょ”」決まったもので、「スタッフさんと打ち合わせもしてない」「いきなりスケジュールにポンッて入ってて、「有吉の壁」って。「えっ、ちょっと待って!」って「思った」」と、「二階堂高嗣」にも寝耳に水だったようです。そこで、「マネジャー」に確認したものの、「ちょっと急きょ、入れたんだ」と特に説明はなかったそうで、「二階堂高嗣」は「俺、宮田のバーターか!?」と叫んでいました。

また、この日は「リスナー」から「とあるニュースで「自分が加入してもやっていけそうなジャニーズグループランキング」というもので、「1位」が舞祭組でした。みなさんはこの1位をどう受け止めますか?」という旨の「メッセージ」が届き、まさに「舞祭組」の「メンバー」である「2人」は、「何の1位であってもうれしいですよ」「二階堂」「うれしいですよね。我々、親しみやすいってことですよね」「横尾」と歓喜していました。




その一方で、体を張った企画に「チャレンジ」することが多いため、「横尾渉」は「我々が裏でやってるつらさがわかってないね」と「ピシャリ」。「二階堂高嗣」も「いや~大変でしたよ」と同意し、「やっていけそう」と軽く見られている点については、思うところがあるようでした。

とはいえ、最終的に「親しみやすい」「楽しそう」という印象から、「舞祭組」は「国民的後輩」だとまとめていた「2人」でした。「ファン」からは「いいキャッチフレーズだね!応援したくなる」「舞祭組のみんなが裏でがんばってるの、ファンには伝わってるからね!」「また舞祭組として活動してほしいな。待ってます!」など、温かい声援が寄せられていました。

「舞祭組メンバー同士」でも「プライド」のぶつかり合いがあるようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。