嵐★YouTube進出にマスコミ驚愕★関係者が語る★ジャニーズのウェブNG体質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★YouTube進出にマスコミ驚愕★関係者が語る★ジャニーズのウェブNG体質」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」が「公式YouTubeチャンネル開設」、また「サブスクリプション型」「定額制」「音楽ストリーミングサービス」に音源を解禁し、「ファン」が歓喜しています。一方、「マスコミ関係者」は、一昔前までは、「ウェブ」に対して「“完全決別”」を示していた「ジャニーズ事務所」が新たな試みに乗り出したとあって、「時代は変わった」「信じられない」と、大いに驚いているようです。

長年、「タレント」の写真を「ウェブ」上や「ニュースサイト」に使用することを「NG」としていた「ジャニーズ」です。ですが昨年「1月、記者会見、囲み取材、舞台あいさつ」などに登壇した際の写真に限り、枚数などの制限付きではあるものの、使用を解禁しました。

以前は、「イベント」や会見終了後の「フォトセッション」の際、「テレビ、新聞、雑誌用」「ウェブ用」で、「2パターン」の撮影が行われていました。前者は「ジャニーズタレント」が「“いる”」「パターン」、後者は「“いない”」「パターン」でした。「ウェブ媒体」の「カメラマン」が撮影しているとき、その他媒体の「カメラマン」はずっと苦笑していましたね。




撮影時の「“2パターン制”」が設けられる前は、「さらなる労力を強いられていた」と、「ウェブサイト編集者」は言います。

複数人の「タレント」が登壇する「イベント」の「フォトセッション時、センター」に「ジャニーズタレント」が立ってしまうと、写真使用がとても大変でした。具体的に言うと、主催者の要請などで、使用できる写真が一点だけの場合、「センター」の「ジャニーズタレント」を写さないようにすると、その右側にいる人物か、左側にいる人物、どちらかしか使えない、といった問題が生じるようです。同業者や「ジャニーズファン」であれば「お察し」してくれるかもしれませんが、何も知らずに見ると相当不自然なだけに、各社とも頭を抱えていたものです。

また、現在ではほぼ解禁されているものの、かつては「ドラマ」の「公式サイト」にも、「ジャニーズタレント」の写真は使用できない状況でした。

ほかの共演者は全員写真が掲載されているのに、「ジャニーズタレント」の写真だけない、もしくは、「“加工”」が施されているという「ケース」です。また、「キャスト紹介」やあらすじの「ページ」で、「ジャニーズタレント」の写真だけが、黒塗りになっているという、今では考えられないような異様な措置が取られていた時期もありました。




当時の「ジャニーズ」は「これが当たり前で、ほかの事務所の対応が間違っている」という見解を持っていたとされます。

「肖像権管理がなされていないウェブ上に、簡単に写真を載せる方が異常」といった価値観だったようですが、ざっくり言えば「インターネットに対する拒否感」が、根底にあったことは想像に難くありません。そこに時代の移り変わりや、経営陣の交代なども重なって、ここ数年は解禁の流れが強まっています。

事務所を支える「トップグループ」の「You Tubeデビュー」だけに、今後も「ジャニーズサイド」の「Webサービス」に対する積極性は、増していくこととなりそうですね。

新体制となった「ジャニーズ」の「マスコミ」への柔軟な対応には変わろうとする意識の表れが感じ取れますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。