嵐★YouTube公開★登録者111万人突破★ジャニーズ全4チャンネルの現在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★YouTube公開★登録者111万人突破★ジャニーズ全4チャンネルの現在」の事をお伝えしたいと思います。

「10月9日、嵐」の「YouTube公式チャンネル」が公開され、「サブスクリプション型」「定額制」「ストリーミング配信」の開始も明らかになりました。「CDデビュー20周年」を迎える「嵐」の新たな試みが大きな話題になっています。

今回、解禁されたのは「1999年」の「デビューシングル」「A・RA・SHI」や、「2010年」までに発売された「Love so sweet」「Happiness」「truth」「Monster」の「5曲」です。「YouTube」に「ミュージックビデオ」が上がり、定額制の「音楽ストリーミングサービス・Spotify、Apple Music、Amazon Music」などで楽曲配信が「スタート」しました。




かつての「ジャニーズ事務所」といえば、「アナログな体制」を貫いていたものの、近年は「ネット関連」の分野への進出が目立っています。とはいえ、今回の「嵐」の「YouTube&配信デビュー」は、世間はもちろん「ファン」の間に衝撃が走っており、「嵐の公式動画をYouTubeで見れるのはうれしい」「楽曲配信によって嵐の曲がたくさんの人に広まってほしい」と、歓喜の声が続出しています。

「10月16日」には「20周年」を記念した「ビデオ・クリップ集」「5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019」が「リリース」されることもあり、「ファン」は「このタイミングのYouTube開設はスゴい。5曲のMVを見たらほかのも絶対見たくなる」「販促としてYouTube使うのは大正解」と、「嵐サイド」の戦略を絶賛しています。

また、「嵐」は「2020年末」をもって活動休止期間に入るだけに、「YouTubeで見られるなら、休止中も寂しい気持ちが少しは和らぐ」「休止中もメンバー同士の絡みを配信してくれたらうれしい」「音楽配信は、活動休止中の利益確保もあるんじゃないかな」と、さまざまな反応が見受けられました。

そんな中、「YouTube&楽曲配信」の解禁日について、「“記念日説”」が注目を集めています。




ある「Twitterユーザー」の書き込みによれば、「10月9日」は結成発表日「1999年9月15日」と、「CDデビュー日」「同11月3日」のちょうど中間にあたる日なんだそうです。さらに、「1999年10月8日、嵐」は「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」に急きょ出演し、「A・RA・SHI」を「テレビ初歌唱」しました。そして、「翌9日」に開催された、「Jr.」初の「単独東京ドームコンサート」「特急・投球コンサート 10月9日東京ドームに大集合!!」にて、大勢の「ファン」の前で「A・RA・SHI」を初披露した記念日でもあるようです。今年「10月9日」の「タイミング」は、実際に何か狙いがあったのかどうかは判明していませんが、不思議な巡り合せに、「ファン」からは「解禁日の理由がこれだったら粋なことするな」と、驚きの声が上がっていました。

「ジャニーズ」と「YouTube」に関しては、昨年「3月」に「ジャニーズJr.チャンネル」が誕生し、今年「8月」には「SixTONES」が「同チャンネル」を卒業しました。同月、「SixTONES」は新たに「アーティストチャンネル」を立ち上げたほか、「ジャニーズ事務所公式」の「チャンネル」も「8月23日」に本格始動し、「Jr.内ユニット・Travis Japan」の「オリジナル曲」「Namidaの結晶」の「MV」が公開されました。「チャンネル登録者数」は「ARASHI」が「111万人」、「Jr.チャンネル」は「75.3万人」で、「SixTONES」が「31万人」である一方、「Johnny’s official」は「27.5万人」となっています「いずれも10月11日午前8時時点」。

現在、「YouTube」に「ジャニーズ絡み」の「4つ」の「チャンネル」が存在していますが、今後もそれぞれ魅力的な動画を次々と配信していってほしいものですね。

今までにない試みが上手く「ヒット」しているようで「ファン」も楽しみが増えましたよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。