関ジャニ∞★ジャムセッション放送せず★残念すぎる&悪いとこ出た

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★ジャムセッション放送せず★残念すぎる&悪いとこ出た」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「10月13日」の放送では「スピッツ特集」が行われ、「スピッツ」の「ファン」を公言している、「ゲスの極み乙女」。の「川谷絵音、作詞・作曲家・音楽プロデューサー」の「杉山勝彦」らを「ゲスト」に迎えました。




「1991年」に「メジャーデビュー」し、「ロビンソン」「1995年」や「空も飛べるはず」「1994年」などの「ヒット曲」で知られる「スピッツ」です。今年前期に放送された、「NHK連続テレビ小説」「なつぞら」の主題歌に「優しいあの子」が起用されるなど、世代を問わず愛され続けています。「朝ドラ」の主題歌となるほど、世間的には「さわやかなメロディーと優しい歌声」の印象が強い「スピッツ」ですが、「川谷絵音」いわく、「スピッツ」は「J-POPの仮面をかぶったド変態」とのことです。なんでも、歌詞を読み解いていくと、まったく違う側面が見えてくるというのです。

「スピッツの名曲ベスト20」として紹介された楽曲を聴き、「安田章大」は「今のところですけど、変態さは伝わってこない」と「コメント」します。「大倉忠義」も「全部イイ曲!これはドライブしているときにかけなくなりますよね。全員がイイって言ってくれるから」と感想を述べ、やはり「“さわやか”」な印象を持っている様子でした。

そこで、「杉山勝彦」が「スパイダー」「1994年」を例に挙げ、独自に検証した歌詞の意味について解説します。「杉山勝彦」によると、冒頭の「可愛い君」という「フレーズ」から「好きな子」の歌であることがわかり、「さびしい僕は地下室の すみっこでうずくまるスパイダー」から、「好きな子」に思いを寄せるも「“目立たないタイプ”」の人物からの目線だと推測します。そして「ちょっと老いぼれてるピアノ」は「“お金を持っているおじさん”」と読み取れるといい、歌詞全体を見ると「ちょっとお金を持っているおじさんに、ピュアな女の子が汚されていく」という意味になると解説しました。これには「村上信五」も「ちょっとタイム、タイム。怖くなってきた」と震えあがっていました。




また、「川谷絵音」は「スピッツ」の歌詞の傾向として、「丸いもの=死」「尖ったもの=性」を表していると分析します。そもそも、作詞を担当している「ボーカル」の「草野マサムネ」自身が、「自分の歌詞は性と死」と語っているそうで、「関ジャニ∞メンバー」は「え~」と絶句しました。さらに「川谷絵音」は「ロビンソン」の「2番」の歌詞について、「亡くなった彼女を後追い自殺した」と読み解けると説明します。これには再び、「関ジャニ∞メンバー」から「怖い!」と声が上がっていました。とはいえ、これらはあくまで「川谷絵音」や「杉谷勝彦」の見解によるもので、正解は「草野マサムネ」が明かさない限りわからないといいます。そんな謎に包まれているところも、「スピッツファン」が「草野マサムネ」の歌詞を絶賛する理由のようです。

「スピッツファン」にはたまらない内容となった一方で、今回は「関ジャニ∞メンバー」による「ジャムセッション」の「コーナー」がありませんでした。「関ジャニ∞ファン」からは「まさか今日歌わないの?スピッツを歌うエイトめちゃくちゃ見たかったんですけど」「「関ジャム」の悪いとこ出たよ。歌ってほしい時に歌わない!」「セッションないの!? せっかくのスピッツ特集だったのに残念すぎる」と不満の声が多数上がっていました。

「錦戸亮」脱退以降、番組の趣旨が変わってきているように思えますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。