大西流星★N700A車両への愛が炸裂★めっちゃしゃべる&藤原丈一郎も困惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大西流星★N700A車両への愛が炸裂★めっちゃしゃべる&藤原丈一郎も困惑」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の情報番組「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。




「10月16日」の放送では、「藤原丈一郎」と「大西流星」が「新幹線車両基地」の仕事に挑戦しました。「2人」は「大阪・摂津市」にある新幹線鳥飼車両基地を訪れ、早速、「大西流星」が腕まくりをしながら「今日はね!気合十分ですよ!」と宣言します。というのも、「大西流星」は大の「“新幹線好き”」らしく、「ロケ」の前日は楽しみすぎて「一睡もできなかった」というほどでした。今回は、そんな「大西流星」の「“新幹線愛”」が炸裂することとなりました。

「JR東海」の全面協力により、甲子園球場「8個分」もあるという広大な車両基地で「ロケ」が「スタート」しました。「2人」はまず、実際に新幹線の整備が行われている倉庫を訪れました。倉庫の中をのぞいた「大西流星」は、「あっ!」と何かを見つけたようで、満面の笑みを浮かべます。「藤原丈一郎」が「なになに?なんやねん?」と尋ねると、そこでは「大西流星」の「“推し新幹線”」である、「N700A車両」の整備が行われていました。すると、「大西流星」は「N700A」の特徴を熱く語りだし、その熱量に「藤原丈一郎」は「めっちゃしゃべるやん!」と困惑しました。

その後、「ボルト」の緩みがないか調べる打音検査に挑戦するも、微妙な音の違いを聞き分けるのに苦戦する「2人」です。「大西流星」は思わず「大変やなこれ」と漏らしていました。さらに、施設の外で行われていた「復旧訓練」にも参加することとなり、作業用の制服へ着替えることになりました。「大西流星」はこの制服が相当気に入ったようで、いつも番組で着用している「メンバーカラー」のつなぎではなく、「毎回これにしたい」と提案します。「藤原丈一郎」から「違うところ行く時、まあ気まずいやろ!」と「ツッコミ」が入るも、「大西流星」は「そうですか?」と返し、まったく気にしていないようでした。




その後、「5m」もある「ハシゴ」を登り、架線の修復作業を行うことになります。「藤原丈一郎」は「うわっ、たっか!」「ホンマに怖なってきた!」と叫びながらも、なんとか上まで登りきります。さらに「大西流星」には、登るだけでなく「“点検作業”」を行う課題が与えられるも、「楽しかったです、めっちゃ楽しかった!」「貴重な経験でした」と笑顔を見せ、見事に「クリア」しました。「VTR」明けの「スタジオ」でも、「大西流星」は大好きな新幹線の仕事を経験でき、「うれしかったです!」と感想を述べていました。

番組を見ていた「ファン」は、「SNS」上に「推しの新幹線について説明する流星くん、めちゃ饒舌!とっても楽しそうでかわいい~!」「大好きな新幹線のお仕事できてよかったね!」「推しを前にすると大西くんでもああなるのか「笑」」といった「コメント」を寄せており、「大西流星」のいきいきとした姿を微笑ましく見守っていたようでした。

「大西流星」の新幹線愛には「ファン」も納得せざるを得ないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。