岸優太★BMXレース収録★47分止める異例の事態★怖い&パニック状態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太★BMXレース収録★47分止める異例の事態★怖い&パニック状態」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「10月14~18日」は、「岸優太」が「BMX」に「“再挑戦”」しました。

今年「5月」に「BMXフリースタイル」に挑戦し、競技専用の小径自転車の前輪を持ち上げる「“フロントアップ”」と、後輪を上げる「“リフトアップ”」などの基本動作を練習した「岸優太」でした。今回は、「BMX競技」において日本初の「オリンピック選手」である、「阪本章史選手」の指導のもと、「BMXレース」を体験することになりました。




いきなり「レース」へ挑むこととなり、「高さ5m・傾斜35度」の「スタート地点」に立った「岸優太」は、「え?こんな高いですか?」「一気に緊張してきたな」とひるんでしまいます。ですが、「レース」の相手が小学生だとわかった瞬間、「今日、勝っちゃっていいんですか!?」「画的に大丈夫?」と調子に乗り始めます。

余裕の表情を浮かべる「岸優太」でしたが、いざ「レース」が始まると、「スタートダッシュ」で出遅れ、小学生たちとどんどん差が開いていきます。それどころか、「コース」中にある障害物の山に「スピード不足」で登れず、自転車から降りて押し始める始末です。やっと山を越えた頃には、すでに全員の小学生が「ゴール」していたのでした。

その後、「BMXレース」で重要になるのは「スタートダッシュ」だと教わり、「阪本章史選手」の指導のもと、「ノンブレーキ」で坂を一気に駆け下りる練習をすることになった「岸優太」でした。ですが、「“GOサイン”」が出されると、「岸優太」は傾斜に恐怖を感じて「マジっすか!?」「怖いな~」と「パニック」になり、なかなか「スタート」できません。収録を「47分」も「ストップ」させる、異例の事態となりました。やっと「スタート」を切るも、「阪本章史選手」は「ちょっと!思い切りブレーキかけてたやん!」と指摘します。「え? ブレーキかけてました、俺?」と「岸優太」はしらばっくれるも、「阪本章史選手」は「ブレーキ痕ついてるもん、ほら」と、地面にしっかりと残された「“証拠”」を指さします。「岸優太」は恐怖心のあまり、無意識で「ブレーキ」をかけていたようです。ですが「2度目」の挑戦では、見事な「スピード」で駆け下りることができていました。

その後、雨が降り最悪な「コンディション」となるも、練習を続ける「岸優太」です。「デコボコ」に波打つ山を走りながら、自転車を加速させる「プッシュ走行」の練習では、「阪本章史選手」から「なんか動き気持ち悪い ムニュムニュしてる」と「ドン引き」される展開になります。




続く「ジャンプ」の練習では、苦戦しながらも「前輪・後輪」を同時に浮かせられるようになり、実際の「コース」で「タイヤ」をわずかに浮かせた「ジャンプ」にも成功しました。「飛べた!」と喜ぶ「岸優太」と「阪本章史選手」でしたが、「スタッフ」が「あの、映像で見た「本格的な高い」ジャンプとかは」と要求されます。ですが、危険度が高いためか、すぐさま「いや、絶対無理です!」と「NG」を出す「阪本章史選手」でした。

最後は、「15秒」の「ハンデ」をつけて、再び「岸優太」と小学生の「レース対決」が行われました。「レース」中、後ろからじわじわと迫ってくる小学生に「やべぇ、やべぇ!来た来た!」と焦っていましたが、わずかな差をつけて「岸優太」が勝利しました。小学生たちから純粋に「おめでとうございます!」と祝福されると、「岸優太」は「やべぇ みんなが一番大人だ」と、「“ハンデ付き”」で勝利したことを反省していました。

この放送に「ネット」上では「いつでも真剣勝負の岸くん、かっこいいよ!」「岸くんの成長がすごい!やっぱり運動神経いいよね」「小学生から祝福されて気まずそうな岸くんがかわいかった「笑」」との声が集まっていました。

恐怖心を感じてしまうと誰にでも「パニック」に陥ってしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。