伊野尾慧★今コンビニで買えない味★大絶賛したアイスクリーマーの味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★今コンビニで買えない味★大絶賛したアイスクリーマーの味」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、10月19日放送」に、「伊野尾慧」と「高木雄也」が登場しました。「メンバー全員」「“平成生まれ”」の「Hey!Say!JUMP」が、「“昭和の女の子たち”」の世界を体験する「日本ノスタル遺産 第四弾」が放送されました。

番組冒頭、「過去3回」に渡って「日本ノスタル遺産」を紹介してきた、「お笑いコンビ・イワイガワ」の「岩井ジョニ男」に代わり、「お笑いコンビ・たんぽぽ」の「白鳥久美子」が登場しました。「伊野尾慧」は「スタッフ」に「あれ?ジョニ男さんスケジュールあわなかった?」と質問したものの、すぐに「ということは、女性目線というか」と番組の「テーマ」を理解します。「白鳥久美子」が「それそれ」と相槌を打つと、「高木雄也」は「めちゃめちゃ通じ合ってんじゃん!」と、息の合った掛け合いに衝撃を受けていました。




最初に紹介されたのは、昭和の女子小学生が「“おままごと”」をする際に使っていた、「キッチンおもちゃ」「ママレンジ」でした。これは「昭和44年」に発売されたもので、「“小型の電子コンロ”」といえる商品です。実際に加熱し、調理ができると知った「伊野尾慧」は「マジ!? これで料理?」と驚きます。「フライパン」を置くと電熱線が温まる仕組みになっているとのことで、さっそく「ホットケーキ」を焼いてみることにしました。

「15分後」、完成した「ホットケーキ」を食べると、「高木雄也」は「あ、うまっ!懐かしい。おもちゃでこんなんできるんだね」と笑みを浮かべ、「伊野尾慧」も「うまっ!ちゃんと焼けてる。ふわっふわっ」と「コメント」しました。続けて「家でちょっとお酒飲んでる時とかさ、つまみのコーンとかバターでさ」と「“大人な発想”」をし、周囲の笑いを誘っていました。

その後、「リリヤン」と呼ばれる「手芸セット」や、指輪の形をした「キャンディ」「ジュエルリング」、「ホットミルク」と「トースト」と目玉焼きが同時に作れる家電「スナック3」、家庭用の「アイスクリーム製造機」「アイスクリーマー」などが紹介されました。そして、その「アイスクリーマー」でできた「手作りアイスクリーム」をかけ、「昭和アイドル」の名曲を当てる「ノスタルイントロクイズ」が「スタート」しました。




曲が流れてすぐに「早押しボタン」を押したのは、「伊野尾慧」でした。あまりの早さに「高木雄也」は「ウソでしょ!?」と驚きを隠せない様子でしたが、「伊野尾慧」は「松本伊代」の「センチメンタル・ジャーニー」「1981年」を見事に当ててみせます。ご褒美の「アイスクリーム」を食べ、「おいしい、素朴で。今、逆にコンビニで買えない味よ」と「手作りアイス」をする「伊野尾慧」でした。

この放送に「ネット」上では、「「いたジャン」で伊野尾くんがおつまみの話してるの、なんかイイ!」「伊野尾くんはコーンバターを晩酌のつまみにするの?超かわいい」「昭和のおもちゃすごい!ホットケーキ食べてみたいなあ」などの「コメント」が寄せられていました。

平成生まれの「伊野尾慧&高木雄也」の「2人」には昭和の「アイスクリーマー」の味が新鮮に感じていたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。