二宮和也★曜日服ビジネス発案★需要ある&見込んだ新事業★成功するの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★曜日服ビジネス発案★需要ある&見込んだ新事業★成功するの声」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayFM」が、「10月20日」に放送されました。この日もさまざまな話題が取り上げられましたが、その中で「二宮和也」が「ファッション」について言及する場面がありました。




きっかけとなったのは、ある「リスナー」から送られてきた「二宮くんは以前、松岡修造さんにもらったTシャツを着ていましたが、あのTシャツはまだ現役ですか?」という「メッセージ」届きました。これに「二宮和也」は「現役ってどういうこと?「着てますか?」ってこと?着てますよ。捨てるタイミングがないでしょ」と即答します。「スタッフ」から「物持ちがいいですもんね」と話を振られると、「そう。あれ着られなくなったってことになると、100キロくらい太らないと」と、物理的に着られなくなるまで着続けると語りました。

この話題に「スタッフ」から、「おしゃれが好きな方はワンシーズンしか「同じ服を」着ないって聞きますよ」と言われると、「二宮和也」は「そうですか」と反応しつつ、「でもさ、「“はやり”」って前から疑問だったんですけど、「今年の流行色は〇色なんで、取り入れたほうがいいよ」みたいなのあるじゃん。それ、はやりなの?」と苦笑いします。自身は流行に馴染めないといい、「自分を出す時代になってきたよね。黒しか着ない人とか、全然いいと思う。むしろああいう方がいいと思う」と、自身の「ファッションスタイル」を持つ人を支持しました。

そんな「二宮和也」は、「ファッション」を考えなくていい「“制服”」を便利に感じているらしく、「「“曜日服”」っていうの作ってもらいたいって、ずっと言ってるの」と発言します。曜日ごとに着る制服を用意し、服選びをしなくてもいい環境を整えたいようです。「ファッション好きな人は好きで楽しんでもらっていいけども、1週間、「“曜日服”」を考えてる人がいたら、その需要はあると思ってて」と熱弁し、「そういうビジネスを展開していこうかな」と、まさかの「“起業”」を示唆します。




話はさらに具体的になり、「「楽な服装」「1週間に1回外でご飯食べます」とかさ。歳と体重と身長送ったら、「あなたの1週間これ」って。それ4週くらい買ったらさ、永遠だよね」と提案します。ついに「やるか~」と言ったものの、「俺のセンスにどこまで人が追い付いてくるかだけど」「全部一緒かも。白Tとジーンズみたいな。1週間全部同じ服とか」と、早くも不安になる発言をこぼす「二宮和也」でした。

「二宮和也」本人が「“曜日服”」を実現させる可能性は低そうですが、「リスナー」からは「うわ、それめちゃめちゃ便利じゃん!誰か開発してください~!」「洋服選ぶのめんどくさいよねえ 曜日服が実現したら私も買います」「ニノがやるってだけでビジネスとしてはすぐ成功するから大丈夫「笑」」と、計画を後押しする声が寄せられていました。

「アップル創業者」の「スティーブ・ジョブス」も「ファッション」には全く興味がなく同じ種類の衣服を何枚も購入して「ローテーション」で着ていたと言うのですから「二宮和也」も同じ感覚の持ち主なのかもしれないですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。