末澤誠也★パワハラが横行★先輩やで&俺のおかげ発言★怖いの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「末澤誠也★パワハラが横行★先輩やで&俺のおかげ発言★怖いの声」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が週替わりで「パーソナリティー」を務める「ラジオ番組」「関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド」「FM OH!85.1」です。「10月22日」の放送は、「関西Jr.内ユニット」「Aぇ!group」の「正門良規、末澤誠也、小島健」が担当しました。

この日の番組後半、さまざまな「“略語”」の正式名称を答える「略語クイズ」が行われ、正解数が一番少ない「メンバー」には「一人漫才」の「罰ゲーム」が与えられることになりました。これまで「同ラジオ」で行われた「クイズコーナー」では、傍若無人な振る舞いをする「末澤誠也」が、「正門良規」と「小島健」を振り回す図式が恒例となっていましたが、この日は意外な展開が起こりました。




「3問目」が終わった段階で、「一歩リード」したのは「正門良規」でした。次の問題が最後という時、「最終問題は何ポイントにする?」という「“お約束”」の方向へ話が進みだします。「ゲーム性として面白くないもんなあ」「まっさんが心広いなら」と、じわじわと詰め寄る「末澤誠也」と「小島健」に根負けした「正門良規」は、「わかりました!じゃあ最後の問題は10ポイントで!」と潔く決断し、一発大逆転の「チャンス」が与えられることになりました。

最終問題は「DVD」の略称を答えるというもので、「3択」から正解を選びます。ですが、全員が同じ回答をしたため、「正解・不正解」に関係なく、「正門良規」の優勝が決まってしまう状態となります。そこで「末澤誠也」が「誰かが変えなしゃあない」と切り出すと、「小島健」が「そんなん言うんやったら、誠也くんが変えてくださいよ」と返答します。ですが、「末澤誠也」からは「先輩やで、俺」「俺が「答えを」変えてもええんやけど、先輩やで?」と「“パワハラ”」めいた発言が飛び出し、「小島健」は「公共の電波でついに乗ったか」と、意味深な発言を「ポロリ」とします。

「小島健」は公平に「ジャンケン」で決めようと主張を続けたものの、「末澤誠也」から「“無言の圧力”」があったようで、「小島変えます!小島怖い!」と回答を変更することになります。「末澤誠也」は「ノリやから!」と一応「フォロー」していましたが、すっかりいじける「小島健」でした。結局、「末澤誠也」と「正門良規」が「2番、小島健」が「3番」を選択し、正解発表へとなりました。




すると、「小島健」が泣く泣く選択した「3番」の「デジタル・バーサタイル・ディスク」が正解という結果で、「やった!めっちゃうれしい!ウソやん!神様はちゃんと見ててくれてるんよね!」と大喜びします。これにより、「末澤誠也」が「罰ゲーム」を受けることになったのですが、「俺のおかげやで?」「答え変えた方がええって助言したのは誰?」と「小島健」に訴え、再び「“パワハラ”」が行われます。ですが、「小島健」は「ギャーギャーうるさいから「罰ゲームは」誠也くん!」と「バッサリ」切り捨て、結局「一人漫才」を披露した「末澤誠也」でした。

「小島健」の痛快な「“逆転劇”」に、「ファン」からも「自分が招いた結果だね、誠也くん「笑」」「「ギャーギャーうるさい」でパワハラを蹴散らすこじけん強すぎる!」「たとえ仲間内でも、パワハラはよくないってこと!」と、多くの反響が寄せられました。

いつも先輩風を吹かしている「末澤誠也」も今回ばかりは「小島健」に仕返しされたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。