西畑大吾&高橋恭平★ロケ協力者に謝罪の事態★スタッフからの指摘で謝りましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「西畑大吾&高橋恭平★ロケ協力者に謝罪の事態★スタッフからの指摘で謝りましょう」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の情報番組「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。

「10月23日」の放送では、「西畑大吾」と「高橋恭平」が「たわし作り」の仕事に挑戦しました。ですが、「高橋恭平」は「コーナー」の冒頭で「「たわしと」ちゃんと向き合ってないっすね」とつぶやき、「2人」ともたわしにあまり興味がない様子を見せます。そんな中、和歌山県海南市にある「高田耕造商店」を訪れ、昔からの伝統技法でたわし作りを学ぶこととなりました。




ここで作られるたわしは、「“棕櫚「シュロ」”」と呼ばれる「ヤシ」の繊維を使用しているそうで、完成品を手に取った「2人」は、その柔らかくしなやかな感触に驚きます。「西畑大吾」は「イメージと違う!」と衝撃を受け、「高橋恭平」も「たわしってすごいっすね!」と大興奮します。さらに、「1個3,300円」「税込」もの値段で販売されていると聞き、「2人」ともたわしに対する意識が「ガラッ」と変わったようでした。

早速、たわし作りに必要な棕櫚が採れる山へ向かう「2人」です。「“棕櫚採り名人”」が同行することとなり、「虫は嫌いですか?」との質問を受けた「高橋恭平」は、「大嫌いです!」と素直に答え、名人は苦笑いします。さらに「クモは?」と聞かれると、「クモが一番ヤバイです」と「高橋恭平」。おじけづくその姿には、名人も爆笑していました。虫への不安を抱えつつ、「2人」は山道をどんどん進み、棕櫚を発見します。細い木で作られた足場に登り、硬い皮を「ナイフ」で一枚一枚切り取っていく作業に、まずは「西畑大吾」が挑戦します。「前が見えない~」と悪戦苦闘しながらも、「20分」かけてなんとか「1枚」を採取します。

一方の「高橋恭平」は、高所での作業や虫を怖がりつつも、「約1分」で皮を「1枚採取」することに成功します。「西畑大吾」から思わず「はっや!ウソでしょ!?」との声が漏れますが、「高橋恭平」はその後さらに、「1時間」で「40枚」の皮を採取してみせたのでした。これには「スタジオ」で「VTR」を見ていた「レギュラー出演者」からも、「えー!?」「すごい!」と驚きの声が上がっていました。

工場へ戻り、採取した皮の繊維を整え、たわしにする工程へ進むことになります。「高橋恭平」はここでも抜群の「センス」を見せ、「スムーズ」な手つきで棕櫚の繊維を整えていきます。「西畑大吾」から「「棕櫚と」会話してる?」と聞かれると、「高橋恭平」は「無言の会話してる」と返し、さらに「こいつ、俺の事好きやって」と一言。「“ナルシストキャラ”」な「高橋恭平」らしく、たわしに対しても愛を伝えていたようでした。




その後、「だいぶ神経使いますね」と感想を述べた「高橋恭平」は、「もうしんどいもん、5歳くらい若返った気分」と発言します。これにはすかさず、「西畑大吾」が「若返ったんや?そういうとき大体、年とんねんけどな?」と冷静に「ツッコミ」を入れ、「ナルシストキャラ」から一転、「高橋恭平」は「“おとぼけキャラ”」となっていました。

そして、ついに「オリジナル」の手作りたわしが完成します。「めちゃめちゃ気持ちいいし、たくさん使い勝手がある」とたわしの素晴らしさを熱弁する「西畑大吾」に対し、「スタッフ」から「オープニングで「たわしかあ」みたいな感じやったやん?」と指摘が。「西畑大吾」が「「たわしかあ」と思いましたよ」と認めると、「謝りましょう」と「高橋恭平」が提案します。最後には「2人」とも「すみませんでした!」と謝罪し、たわしの奥深さを実感していたようでした。

今回は特に、器用さを見せた「高橋恭平」への反響が大きく、「ファン」からは「恭平くんすごい!こんなに器用だったとは知らなかった」「虫は怖くても作業はチャチャッとやる恭平くん、カッコよすぎない!?」「たわしと意思疎通してて爆笑した!」といった感想が寄せられました。

昭和の時代に比べ、たわしに触れる機会がない平成生まれの「2人」にとって興味が湧かないのは当然のことですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。