小瀧望&塚本理咲★親密ツーショット写真公開★過去にセフレ関係だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小瀧望&塚本理咲★親密ツーショット写真公開★過去にセフレ関係だった」の事をお伝えしたいと思います。

「10月20日」、「週刊文春デジタル」はジャニーズWESTのメンバー・小瀧望」と、共演女優との「親密ツーショット写真」を報じました。相手は「2015年11月」に「小瀧望」が主演を務めた舞台「MORSE―モールスー」で共演した女優の「水上京香」でした。そして今回は、「小瀧望」が「水上京香」とは別の女性と親しげに写る「ツーショット写真」を公開しました。

写真の女性は現在、東京で活動する「3人組」の「アイドルグループ」「3-shine」の「メンバー・塚本里咲」です。現在は東京や大阪で「ライブ」を行うなど「アイドル」として活発に活動を展開しています。

写真は「2016年12月」、大阪にある「塚本理咲の自宅で撮られたもののようです。すでに東京に住んでいた「小瀧望」が、仕事で大阪に前乗りした際、「塚本理咲」の自宅に泊まり、そのとき撮られたようです。「塚本理咲」と「小瀧望」は、お互いの自宅を頻繁に通い合っていたそうです。

今年で「デビュー5周年」を迎えた「ジャニーズWEST」です。「10月9日」発売の「最新シングル」「Big Shot!!」が、「最新オリコン週間シングルランキング」で初登場「1位」に輝き、「26日」には「小瀧主演」の「NHKドラマ」「決してマネしないでください。」の放映が「スタート」しました。「グループ」内最年少の「小瀧望」ですが、撮影現場での評価は高いようです。

「小瀧望」はとにかくお酒が好きで、かなりの酒豪です。ただ現場に遅刻したり、二日酔いで来たりしたことはないようです。「ジャニーズWEST」の「藤井流星」は二日酔いで顔色が悪かったり、酒臭かったりということがたまにありますが、「小瀧望」に限ってはそんな姿を見たことがないようです。彼は入りの挨拶から元気で、爽やかなようです。「人懐っこく、愛されキャラ」という感じだそうです。




「デビュー」から「約5年」。徐々に露出が増え、本格的に「“スター街道”」に乗り出して行こうとしている一方、「ファン」たちは頭を抱えざるを得ない状況に陥っています。

「濱田崇裕」の「“親密ツーショット写真”」流出や、「小瀧望」と「水上京香」の記事を読んだ「ファン」は「ショック」を受けると同時に怒っていました。「デビュー組後輩」の「King & Prince」や、「関西ジャニーズJr.」の「なにわ男子」が実力をつけてきている中、「WEST」は「イマイチ」活躍しきれていないようです。彼らにとって今こそが正念場だと考えている「ファン」は多いようです。「ジャニーズタレント」としての「プロ意識」に欠ける「“写真流出”」はもちろんだめですし、女性との「ツーショット写真」も撮るなら相手を選ぶとか、流出しないように細心の注意を払ってほしいようです。

今回の写真に一緒に写っている「塚本里咲」はどんな女性なのでしょうか。

「塚本里咲」は大阪出身で小学生の頃から「アイドル活動を」しているのですが、なかなか芽が出ず、いくつかの「グループ」に加入しては脱退するということを繰り返していたようです。彼女自身も男女問わず「アイドル」が好きで、高校生の頃には「関ジャニ∞が好きだ」と周囲に話していたそうです。ただ、久しぶりに会った時に、「小瀧くん知ってる?」「小瀧くんやばい、カッコいい」などと、急に「小瀧望」の話をしはじめたそうです。普段から「ニコニコ」していて、人当たりのいい子のようです。

「小瀧望」と「塚本理咲」はいかにして出会ったのでしょうか。「2人」の共通の知人によると「知り合いの紹介」なのだといいます。

「小瀧望」と「塚本理咲」が知り合ったのは、「小瀧望」が「デビュー」する前だそうです。「小瀧望」の高校の同級生が「2人」を引き合わせしたそうです。「塚本理咲」は当時まだ関西で「アイドル活動」をしていたので、大阪で知り合い、そこから「2人」の関係が始まりました。ですが「2人」は付き合っていたというわけではなく、いわゆる「“セフレ”」の関係だったようです。「塚本理咲」は「小瀧くんには他の女性がいて、私は大勢の中の1人」「それでもいい」と話していたそうです。「小瀧望」の家には頻繁に遊びに行っていたようです。

「2人」が逢瀬を重ねていた頃、「小瀧望」の大阪での生活は荒れていたそうです。




「ジャニーズWEST」で「1番歳下」だということもあり、「小瀧望」は最後まで大阪に残っていました。当時はかなり派手に遊んでいた印象で、夜遊びの噂もよく聞きいたそうです。高校を卒業するくらいには当時の彼女とほぼ同棲していました。舞台の仕事の時には、「小瀧望」と「藤井流星」が「2人」とも前日と同じ服で現場入りしたこともよくあったそうです。「2人」とも眠そうな疲れ顔をしていたので、朝までどこかで遊んでいたのだろうと周囲は話していたようです。

そんな中で知り合ったのが「塚本理咲」でした。彼女はもともと「ジャニーズ」が好きで、かつては追っかけもしていたといいます。

追っかけをしていたのは「関ジャニ∞」の「村上信五」です。その頃はまだ、いち「ジャニーズファン」でしかなかったようですが、「小瀧望」と知り合い、「ジャニーズタレント」との距離が近づいていったそうです。「小瀧望」から当時「ジャニーズJr.」だった「King & Prince」の「平野紫耀」を紹介してもらっていたそうです。「平野紫耀」はまったく相手にしていなかったそうですが。

他にも同じ「ジャニーズWEST」の「藤井流星」も紹介して貰っています。「小瀧望」にとって「“セフレ”」である「塚本理咲」は都合のいい存在だったのかもしれませんが、 「ジャニオタ」である「塚本理咲」にとっても都合がよかったのかもしれません。。「塚本理咲」は上京後、「ジャニーズJr.」の「ユニット」「Snow Man」の「メンバー」らと仲良くしているとも話していたそうです。

「ジャニーズ事務所」に「2人」の男女関係について事実確認をしたところ、「塚本様が小瀧の知人である事は事実ですが、その他ご指摘のような事実はいずれも一切ございません」と回答したようです。

「SNS」などを通じ、「塚本理咲」にも「コンタクト」を試みたようですが、返事はなかったそうです。

「ファン」の知りえない「2人」の過去が暴かれる記事が掲載されていくのかも知れませんね。「ファン」は相当な覚悟が必要になるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。