相葉雅紀★初コンサート振り返る★A・RA・SHIの曲しかなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★初コンサート振り返る★A・RA・SHIの曲しかなかった」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」が、「10月26日」に放送されました。この日は「人気バンド・WANIMA」を「ゲスト」に迎え、「WANIMA記念館」が放送された。

「バラエティ番組」に出ることが珍しい「WANIMA」に対し、「櫻井翔」が「何で「嵐にしやがれ」に出演していただけたんですか?」と質問します。「ボーカル・KENTA」が「やっぱり僕たち3人、嵐のみなさんにお会いしたかったのと、嵐のみなさんにWANIMAを知ってほしかった」と返すと、「嵐」の「メンバー」は「知ってる、知ってる!」と声を上げ、謙虚な「WANIMA」に驚いていたようでした。




番組では「WANIMA」の軌跡をたどっていき、その中で、「2017年」に行われた「ワンマンライブ」について、「KENTA」が「セットリストの迷いが半端なくて。どの曲やろう?同じ曲、2~3回やっていいの?」と戸惑ったことを明かしました。ここで、「MC」を担当していた「二宮和也」が、「嵐の人たちは初めてのライブとか「覚えてる」?」と話を振ると、「相葉雅紀」が「それこそ、僕らも「A・RA・SHI」「1999年」3回くらい歌いましたよ。曲がなかったから」と告白します。「相葉雅紀」は続けて「オリジナルバージョン、パラパラバージョン、ちょっとイイ感じバージョン」の「3種類」があったといい、爆笑をさらっていました。

また、「コーナー」の最後には、「嵐」と「WANIMA」で「“懸垂対決”」をすることになります。「嵐」からは「櫻井翔、相葉雅紀、松本潤」が参加し、「リレー形式」で「1分間」により多くできた「チーム」が勝利となります。「しっかりと腕を伸ばした状態から体を上げる」という「ルール」が設けられ、腕が伸びていなかった場合は、回数に「カウント」されません。

「WANIMA」が勝利した場合、「KENTA」が生まれ育った「故郷・熊本県天草」の海で、同番組の「人気コーナー」「大野丸」の「ロケ」をしてほしいとのことでしたが、「松本潤」は「勝負しないで行けばいいのに」と、不思議そうに「ポツリ」。「大野智」も「行きましょうよ」と笑顔を見せていたものの、ひとまず勝負が行われることとなりました。




勝負は「嵐チーム」が「24回」、「WANIMAチーム」が「42回」で圧勝、と思われましたが、「大野智」が「ロケはいいんですけど よく見てたらWANIMAのみなさん、肘が伸びてなかった」と指摘します。この一言により、「嵐チーム」が勝利したのでした。

この日の放送に視聴者からは、「「A・RA・SHI」の「“ちょっとイイ感じバージョン”」って何!? めちゃくちゃ聞いてみたい」「「大野丸」ロケを快く引き受けてた大野さんが優しい!ぜひ実現してほしいな」「大野さんの判定により勝敗がひっくり返るという、嵐っぽい展開が最高「笑」」という声が集まっていました。

「デビュー」して間もない頃の「ライブ」は誰だって曲がないので「アレンジ」を加えて何回も歌ったりするでしょうね。「ジャニーズ」なら先輩の曲を歌ったりしますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。