堂本光一★あいつ暇&堂本剛の愚痴ポロリ★不穏な空気が流れた

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「堂本光一★あいつ暇&堂本剛の愚痴ポロリ★不穏な空気が流れた」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系、10月26日放送」に、俳優の「市村正親」が「ゲスト出演」しました。




「ゲストのやりたいことをする」というのが「コンセプト」の同番組です。「市村正親」のやりたいことは、「ダンボールで工作をしたい」というものでした。現在、「11歳」の長男と「7歳」の次男の父親である「市村正親」ですが、先日、次男に「ダンボールで「“ロボット”」を作ってほしい」とお願いされ、「2週間」かけて制作したそうです。そこで今回、番組では長男が「リクエスト」したという「恐竜」を作ることとなりました。

助っ人として、数々の「ダンボールアート」を制作している「大野萌菜美氏」を迎え、設計図をもとに制作していくことになりました。顔は「市村正親」、体は「堂本光一」、尻尾は「堂本剛」といった形で、「パーツ」ごとに分担を決めたところ、「尻尾簡単だね」「市村」「尻尾ええなぁ」「光一」と、比較的簡単に作れそうな尻尾担当の「堂本剛」を羨む声が。「堂本剛」も「よさそう!」「そこまで大変じゃない」と、安堵の表情を浮かべていました。

「ダンボール」を設計図通りに切り、折り目をつけ、組み立てるという「3工程」によって作業が進行します。「市村正親」と「堂本光一」が談笑しながら手を動かす中、「堂本剛」は黙々と制作に没頭し、いち早く尻尾を完成させます。するとその時、「スタッフ」からの指摘で、「堂本光一」が「2つ」必要な「“太もも”」を、「1つ」しか作っていないことが判明します。これを受け、「堂本光一」は「剛くん!」と声を張り、作り忘れた部分を「堂本剛」に「“発注”」します。「堂本剛」は「別途「ギャラを」いただいていいですか?ロイヤリティ別なんで」と冗談を言いながらも、「堂本光一」の依頼通り、太もも制作に取りかかります。




ですが、今度は「堂本光一」担当の「“ふくらはぎ”」も「1つ」足りないことが発覚し、ついに「堂本剛」が「あいつ、何やってたん!? 何で1個しか作ってないねん?」と呆れます。結局、これも「堂本剛」が作ることとなりました。そんな中、「堂本剛」が「堂本光一」の様子を見に行ったところ、「あいつ暇してる。一番簡単なパーツやってるから」と愚痴をこぼす「堂本光一」の姿が。これに「堂本剛」が「お前の、2回助けてやったけどな」と嫌味を言い、「2人」の間に不穏な空気が流れる場面もありました。「約2時間半」をかけてようやく「ダンボール恐竜」が完成し、「KinKi Kids」は「2人」で「かわいい!」と絶賛します。最後は丸く収まったのでした。

この放送に「ネット」上では、「困った時にすぐさま相方を頼る光一くんがかわいすぎた!」「今日の「ブンブブーン」、2人が仲良しすぎてニヤニヤしながら見てた「笑」」「作業中の2人をずっと見ていたかった~!「“完全版”」の放送お願いします!」といった「コメント」が寄せられていました。

愚痴をこぼしながらも「2人」の気持ちは一心同体のようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました