大倉忠義★いいね&やられたなぁ★大絶賛のラストアイドルにドハマり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★いいね&やられたなぁ★大絶賛のドハマり女性アイドルとは」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「10月27日」の放送では、振付師の「振付稼業air:man、TAKAHIRO、akane」と、「ヒップホップダンス」の世界大会で優勝した「ダンスグループ・KANA-BOON!」を「アーティストゲスト」に迎え、「振り付け特集」が行われました。

振付師の「3人」がこれまでに手掛けてきた「アーティスト」たちがたくさん紹介されましたが、「大倉忠義」が特に食いついたのが、「秋元康プロデュース」で「2017年」に「デビュー」した「ラストアイドル」の「青春トレイン」「2019年」という楽曲です。




「akane」が振り付けを担当し、「メンバー44人」が「フォーメーションダンス」を繰り広げるという「ダンス」ですが、「欅坂46」など大人数の「フォーメーションダンス」の振り付けを担当している「TAKAHIRO」も、この「ダンス」を絶賛します。そこで、公式の「MV」と「定点カメラ」による「ダンス動画、ライブ映像」を比較しながら、「イントロ、Aメロ、Bメロ、サビ」などの「ダンス」がそれぞれ解説されました。

振付師としては、「テレビ」で披露されることが多い「サビ」に力を入れるのが一般的なようですが、この楽曲では「Bメロ」に一番高度な振り付けをもってきているのが特徴だといいます。すると「TAKAHIRO」は「やられたぁ」と脱帽します。「TAKAHIRO」の解説によると、この「ダンス構成」は「ファンを信じてる振りですね」とのことで「ファンの方が「サビだけではないんだよ。もっと知ってくれ!」って」と、「ファン」が「アーティスト」の魅力を人に伝えたくなるように仕組まれているのだそうです。

さらに、「akane」本人からも計算のもとで「Bメロから「振り付けを」作った」と明かされると、「次が気になるな、じゃぁ」と「サビ」の振り付けが気になりだした「大倉忠義」です。そして、「タイトル」になぞらえて「“車掌さんが腕を振る”」ような「キャッチー」な「サビ」が紹介されると、「大倉忠義」は「これはいいですね」と満面の笑みでした。「メンバー」からも「大倉がめっちゃハマっている」と言われていましたが、「大倉忠義」は笑顔で「サビ」の振り付けを「マネ」するなど、この短時間でかなり「ドハマ」りしてしまった様子でした。いつまでも「サビ」の振りを「マネ」し「これはいいわ!」と大絶賛していました。




そのうえ、腕を振っている反対の手は、人差し指と親指で「ハート」を作っていることが「akane」から明かされると、これまた「大倉忠義」は「いいね」「いいっすね~」と大絶賛します。その後は、どんな振りの説明をしても「これやられたなぁ」「いいね!」「いいっすね」と連発し、出演者の「古田新太」から「一生分の「いいね」を言ったな」と「ツッコ」まれていた「大倉忠義」なのでした。

この放送に「ファン」からは「大倉くんめちゃめちゃ気になってるやん」「大倉くん変なスイッチ入ってる」「たっちょんが他アイドルのダンスにハマってるなんてめっちゃ珍しいじゃん。今回の関ジャム神回放送だったね」との声が集まっていました。

最近は、「関西ジャニーズJr.」の「プロデュース」に携わるなど、後輩の育成にも力を入れている「大倉忠義」です。もしかしたら、今回の振り付け特集も「プロデューサー」目線で見ていたのかも知れないですね。

いつもは冷静沈着に見える「大倉忠義」がいつになく「ドハマ」りしてしまったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。