小山慶一郎★SNSの批判に対し★俺の価値観に、その意見はない&持論展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★SNSの批判に対し★俺の価値観に、その意見はない&持論展開」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」、「10月29日」深夜の放送回には、「手越祐也」が「ゲスト」で登場しました。「小山慶一郎」が、「SNS」での誹謗中傷について持論を語りました。

番組冒頭、「ハロウィンコスプレ」について「「今年は」熱量があんまりない」と明かした「手越祐也」です。「街に出て歩かないんだったら、ハロウィンじゃない日にコスプレパーティすればいい話じゃん」「もう「仮装するものが」ないよね。毎年やり尽くした」と「手越祐也」の「ハロウィン熱」はすっかり冷めてしまっているようです。




それでも「小山慶一郎」が「まぁでもね、もしかしたらコスプレする可能性もあるしね」「そのときは写真にでも収めといてもらえたら」と食いつくと、「手越祐也」は雑誌に提供する用に「撮っとかないと」と言いつつも「自撮りしないからさ」と「コメント」します。「SNSやってないからさ、自撮りする意味がないんだもん。日常生活過ごしてて」と、「プライベート」で自撮りする機会はほぼないようです。

一方の「小山慶一郎」は、「ジャニーズWEB」に連載中の自身の「ブログ」に「アップ」するため定期的に自撮り写真を撮っているといいます。「お前も連載しろって」と「手越祐也」に勧めると、「いや無理。更新系守れないもん。己みたいなのは」と自分には無理だと断言します。そこで「小山慶一郎」が「でもあるじゃん。どうしても自分で伝えたいこととかさ」と聞くと、今度は「だって面倒くさくない!?」と爆弾発言します。「ブログもね、やっぱジャニーズWEBに有料で入ってくださって、めちゃくちゃありがたいわけじゃん」と「フォロー」していましたが「書くことないんだもん」と、個人の「ブログ開設」には消極的でした。

さらに「手越祐也」は「「仮に」SNSが解禁されてもやらんもんね。俺たぶんめんどくせぇから」と宣言しました。「Twiiter」などの「コメント」に対しても「なんか誹謗中傷きたら絶対返しちゃう。そういうやつはやっちゃダメだよ」と想像し、自分に「SNS」は向いていないと語っていました。




これに、「小山慶一郎」は「今そういう人多いと思うよ」と、一般人でも誹謗中傷されて傷ついている人がいるとした上で、自分たちはあまり傷付かない「タイプ」だとも語り「「何か言われたとしても」「別に、あなたの価値観だから」と思うの」「俺の価値観に、あなたのその意見ないから」と、持論を展開しました。そのうえで「小山慶一郎」は「叩かれるのも仕事だし」と、芸能人としての立場上、批判を受けやすいのは仕方がないと語っていました。

その後は、「プロポーズされました」という「メッセージ」が届いたことから、「自分の結婚式はどうするか?」という話題になりまいた。結婚式は挙げたいという「手越祐也」は、「メディアは絶対呼ばないね。メディアとか芸能人とか「呼んで」ワーってやる人いるじゃん。「俺は」絶対やんない!絶対身内だけ!」と語気を強め、招待客は「仲良いスタッフとメンバーと家族と、本当に仲のいい友達だけ」と断言したのでした。

この放送に、「ネット」上では「慶ちゃんは批判気にしないって。強くなったね。もう前だけを向いているね」「仲良いスタッフも「“身内”」に入るとこ、祐也くんらしいなあって思う」という声が集まっていました。ただ、「結婚式の話は正直ちょっとしんどかった」「メンバーの口から結婚式の話とか聞くと、胸に何かがのしかかる」と、複雑な思いを抱えた「ファン」もいたようでした。

誹謗中傷を気にしてしまう考え方では厳しい芸能界では生き残ることはできないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。