長尾謙杜★ジャニーズ退所の流れに★卒業スペシャル放送に困惑&否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「長尾謙杜★ジャニーズ退所の流れに★卒業スペシャル放送に困惑&否定」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の情報番組「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。

「10月30日」の放送では、「西畑大吾」と「長尾謙杜」が「堺の手ぬぐい作り」の仕事に挑戦しました。「大阪府・堺市」の伝統産業を学ぶとあって、同市出身の「西畑大吾」は特に「テンション」が高く、「さあ始まりました!「“堺”」の仕事を学びまSHOW~!」と「タイトルコール」します。すかさず「長尾謙杜」から「ちょっと違うね!?」「企画が変わっとる!」と「ツッコ」まれていました。




まず「2人」が訪れたのは、手ぬぐいの専門店「にじゆら」でした。ここは、堺市内の染め工場「株式会社ナカニ」が手掛ける直営店です。「カラフル」で「オシャレ」な手ぬぐいの中から「西畑大吾」が手に取ったのは、お化けと金網が描かれた、「ハロウィン」らしい絵柄のものでした。すると店員から、この商品は「“二度染め”」という技術を用いた、かなり難しい染めの手ぬぐいだと解説され、「目の付けどころがいい」と褒められます。すると、「西畑大吾」は「なんで目の付けどころがいいかわかります?僕、堺市民なんです!」と得意げな表情を浮かべ、「“堺愛”」を「アピール」しました。

次に「2人」は、「株式会社ナカニ」の染め工場に移動します。「全国トップクラス」の生産量を誇る手ぬぐい専門の染め工場で、大阪で生まれた「“注染「ちゅうせん」”」という伝統的な手法を用いて、製造を行っているそうです。注染とはその名の通り、職人の手作業で色を付けたい部分に染料を注ぎ、布地を染めていく手法で、「“ぼかし”」など、機械では出せない趣豊かな染色が可能なのだそうです。

今回、番組用に作ってもらった「オリジナル」の型紙を用いて、まずは「長尾謙杜」が最初の工程「“糊置き”」に挑戦します。色を「染めたい部分・染めたくない部分」を分ける作業ですが、「長尾謙杜」は「簡単そうに見えて、めっちゃくちゃ難しい」と悪戦苦闘します。「めっちゃ悔しい!」と口にしながら、やる気に火がついたようで、職人の手さばきを真剣に観察する「長尾謙杜」です。「2度目」の挑戦で見事に成功させたところ、社長から「いつでも門戸は開いてますから!」と「“勧誘”」されることになります。「悪ノリ」した「西畑大吾」が「「今回は」卒業スぺシャルでしょ?」と、「ジャニーズ事務所」を退所して職人の道へ進むのかと問うと、「長尾謙杜」は「違う違う!」と必死に否定していました。




その後は染料を染み込ませ、「手洗い・脱水」を経て、ようやく「オリジナル」の手ぬぐいが完成します。職人から「ほぼムラなくきれいに染まってるんで、上出来だと思います。ぜひ、明日からでも「工場に」来ていただきたい」と褒められると、「西畑大吾」はまた「ウチの長尾を派遣したいと思います」と「悪ノリ」します。「ちょっと待って!派遣!?」「違います、卒業スペシャルじゃない!」と、またも困惑する「長尾謙杜」でした。

放送を見ていた「ファン」からは、「大吾くんの堺愛が強すぎる回だった「笑」」「大吾くんを堺の「“観光大使”」にしてください~!」「長尾くんを何としても職人にしたい西畑さんに笑った!」という声が寄せられました。

もしも今の時点で「長尾謙杜」が「退所&脱退」を申し入れたとしても「メンバー&ファン」に許してもらえるはずがないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。